中国語

ホーム>中国語>エッセイ
エッセイ

🌸【人生】おまじないの「ハサミさん」の解説!(迷信:问一下剪刀)

日本語で言う「おまじない」の中国語はいろいろ言い方があります:咒语、巫术、迷信

日语的“おまじない”这个词有很多说法:咒语、巫术、迷信

 

例えば、口に出して言う場合は「咒语」です。術を使う場合は、「巫术」です。話し言葉は「迷信」と言います。

如果是说出来的话,那就是“咒语”。如果是那个“术”的话,那就是巫术。如果是口语的话,那就是“迷信”。

 

日本にあるおまじないの1つに、「ハサミさん」というものがあります。家の中で物を無くしてしまって、探さないといけない時、まず手にハサミを持って、探しながらハサミに問います。私が無くしたものはどこにありますか?と。もちろんこれはおまじないなので、ハサミが何か答えてくれるなんて期待はできないけれど。

日本有一个咒语,叫剪刀。在家里丢了一个东西,我们需要找一找的话,先手拿剪刀,一边找一边问一下剪刀,我们丢的东西在哪里。当然这是咒语,所以我们不能期待剪刀会给我们什么回答。

 

つまり本来の意味というのは、「このように探してみると、早く見つかるかもしれませんよと」言うことです。

所以背后的意思是如果我们这样做的话,会更快地找到。

 

たいてい物を無くした時は、時には探せなかったりしますよね。だいたいこういう時ってすいぶん時間が経った後で特に必要としていない時にふと、見つかるものです。中国人はよく「探せば探すほど見つからない。探さない時に(物が)自分から出てくる」と言います。

一般我们丢什么东西的时候,有时候不能找到。但是在这样的情况下很长时间以后,有时候突然会找到。特别是不需要的时候会找到。中国人总是说“越想找越找不到,不找的时候它就自己出来了”。

 

一つお勧めの習慣があります。それは、使い終わった後に必ず固定の場所に戻すことです。そうすると簡単に探せますし、無くすことはありません!

这有一个很好的习惯,就是用完后肯定放回固定的地方,所以一般很容易就找到,也不会丢失!

 

私たちが忘れてはならないのは、物にも命があるということ。

我们不应该忘记,东西也有生命。

 

もう一つのポイントは、私たちの生活について言うと、「分類すること」が重要です。分類することで無くしはしないだろうし、簡単に見つかるでしょう。

这有一个关键,对于我们的生活来说,“分类”很重要,这样也让我们不会丢失,并且容易找到。

 

・・・なんて私も偉そうなこと言いましたが、「分類」なんてなかなか維持できないのが現実ですね。今日も「あれ?携帯電話の取扱説明書どこに置いたっけ?」とか「この前買ったコンセントどこに置いたっけ?」なんて探してる毎日です。

我也曾经了不起的说过,收拾东西分类就可以了。但现实确是很难维持。今天也在找“咦?手机的使用说明书放在哪里了?”、“之前买的插座放在哪里了?”,每天都是这样。

 

最終的には「失くし物がすぐに見つかるよう、部屋の物を減らすこと」が簡単かもですね。

最后,“为了能找到丢失的东西,减少房间里的物品”可能是最简单的办法。

 

~単語~

・咒语【zhòuyǔ】名詞:おまじない、呪文

・巫术【wūshù】名詞:巫術(ぶ じゅつ)、おまじない等

・迷信【míxìn】名詞:迷信

・说出来:口に出して言う

・手拿【shǒuná】動詞:手に持つ

・放回【fàng huí】(動詞):戻す (※よく、「元の位置に戻す」という意味で「放回原处」が使われます)