中国語

ホーム>中国語>単 語
単 語

🌸ややこしい副詞「只」「只有」

日常会話で「見てるだけだよ」とか「彼は口で言うだけで、行動しない」とか、

動作を制限し、「~しているだけ」と言う表現を使うことが多々ありますね。

 

今日は副詞「只」そして間違いやすい「只有」についてご紹介します。少々ややこしいです。

結論を先に言えば、

◆「只」は、動詞の前に使います。用法は「只+動詞」

◆名詞の前に使えるのは「只有」で、用法は「只有+名詞」、主語としてのみ使えます。

◆只【zhǐ 】副詞:ただ・・・するだけ、ただ・・・しかしない

使い方は、「只+動詞」です。

そして「只」の後ろは「動詞」しか使えませんので、形としては「只+動詞」これのみです!

例文:

・我去逛服装店,店员热情地问我需要什么,我可以说:我只看看。

Wǒ qù guàng fúzhuāng diàn, diànyuán rèqíng de wèn wǒ xūyào shénme, wǒ kěyǐ shuō: Wǒ zhǐ kàn kàn

(洋服店に行くと、店員さんが熱心に何が欲しいか聞いてきますが、私は「見てるだけです」と言います。)

 

・我只看了一次韩国的电影。

韓国映画を一回だけ見てみました。

 

◆~ポイント:何をしたいだけなのかが・・ややこしい!~

我现在只想吃一个饺子。

Wǒ xiànzài zhǐ xiǎng chī yīgè jiǎozi

(私は今、餃子1個を食べたいだけです。)

 

只+想:~したいだけ

これは「餃子1個だけ食べたい。2個も3個もいらない」という意味では、ありません。

餃子1個を「食べたいだけ」という意味です。

 

例えば「食べたいだけで、買うつもりはない」とか「食べたいだけで、飲み物は要らない」とか

「想(~したい)」という動作に対して、「只(~だけ)」と動作の及ぶ範囲を制限して

強調しています。

 

◆「只有」の使い方:(主語として)「~だけ」「~のみ」

「只有」の用法は「只有+名詞」の形となり、「主語」としてのみ使われます。

ここがポイントなんですが、「只有」+名詞は、目的語にはなりません。

◎只有你一个人知道这件事。

あなた1人だけ、このことを知っています。

 

下記は間違いです。

×我吃只有蔬菜。我一般不吃肉。

×私は野菜だけ食べます。通常肉は食べません。

このように目的語としては、使えません。

↓↓↓

「私は野菜だけ食べます」と言いたい時は、

◎我只吃蔬菜。

このように「只+動詞」の用法を使います。。