中国語

ホーム>中国語>単 語
単 語

🌸【単語】アレルギーがある、ユーモアがある、反感がある等の「~がある」の表現

日本語では、よく「~がある」という動詞を使いますね。

だから、中国語で話す時につい日本語の影響を受け、使い方を間違ってしまいます。

(在日语中,我们常说「有~」这个动词。所以,用汉语说的时候,我受到日语的影响,容易用错。)

 

中国では、アレルギー・ユーモアは形容詞として使い、反感は動詞として使います。

もちろんこれらは名詞もありますが、日本語の言い方とは違い、

中国語で「アレルギー(名詞)がある」とも「ユーモア(名詞)がある」とも

「反感(名詞)がある」とも言わないんです。

  (在中国,过敏、幽默作为形容词用,并且反感作为动词来用,

所以虽然这些都有名词,但是不像日语的说法,不说「有+过敏」「有+幽默」「有+反感」)

【形容詞】

・~にアレルギーがある: 主語+对…过敏

・ユーモアがある    : 主語+很幽默

 

【動詞】

・反感を持つ      : 主語+对…+反感

 

例文:

1. 我20岁开始对虾和螃蟹过敏。

(×間違い:对虾和螃蟹有过敏)

私は20歳からエビとカニにアレルギーがあります。

 

2. 他很幽默,但是她不幽默。

(×間違い:他有幽默,她没有幽默)

彼にはユーモアがあるが、彼女には無い。

 

3. 我对工作拖拖拉拉,偷懒玩耍的人反感。

(×間違い:我对工作拖拖拉拉,偷懒玩耍的人有反感)

私はダラダラ仕事をし、怠けて遊んでいる人に対して反感がある。

 

◆単語のポイント◆

・拖拖拉拉 tuōtuolālā:(形容詞)だらだらと

・偷懒 tōulǎn:(動詞)怠ける、さぼる

・玩耍 wánshuǎ:(動詞)遊ぶ

 

~ポイント~

「有+过敏」「有+幽默」「有+反感」は使えませんが

「・・感」という名詞なら使えます。

 

つまり「有+过敏感」、「有+幽默感」、「有+反感感」は使えます。

 (也可以说“他有幽默感”,“ 她没有幽默感”,但是不可以说“他有幽默”,“ 她没有幽默”。)