英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

【仕事】♪真っ赤なお鼻のトナカイさん♪の歌から学ぶ:理想の上司とは?

(まずは、♪真っ赤なお鼻のトナカイさん♪の歌の内容から・・・)

あるトナカイにはピカピカ光る赤い鼻があったので、他のトナカイから苛められていました。そのせいでだんだんと自信を失い、ただただ働きました。とても悲しくてもソリを引き、働きました。

As a reindeer had a shiny, red nose, it was bullied by the other reindeers. So, it began to gradually lose its confidence and just continued working, pulling a sled even though it felt very sad.

 

ある日、サンタクロースとトナカイが子供たちにプレゼントを届ける途中、真っ暗闇で途方にくれてしまいました。どこに行けばいいのか、分かりませんでした。

One day, Santa Claus and his reindeers were at a loss in the darkness on their way to deliver some presents to children. They didn’t know where to go.

 

しかし、その真っ赤な鼻がピカピカ光っていたので、道を歩むことができたのです!

But, the red nose was shining, so he could guide the path!

 

そしてサンタクロースはその赤い鼻のトナカイに言いました。「お前の鼻は本当に他のトナカイと違っているんだが、それがいいんだよ!暗闇でも光るお前の鼻のおかげで、配達ができたんだ。とても役に立ったんだよ!」と。

Then, he said to the reindeer, “Your nose is really different from the others, but that’s what makes you special. Thanks to your shiny nose which lighted up the dark, our delivery was a success. It helped a lot!”

 

その夜、その赤い鼻がとても印象的だったので、他のトナカイも言いました。「よお!お前って本当に凄いな!」と。そしてみんな尊敬し始めました。

That night, as its red nose had a big impact on them, the other reindeers also said “Hey, you! You are really great!” and began to respect it.

 

最初は、真っ赤な鼻のトナカイは自分の赤い鼻が嫌いで、コンプレックスを持っていましたが、その鼻が役に立ったのです!それで、自分の鼻を誇りに思うようになりました。

At first, the red-nosed reindeer hated its own red nose, and felt a huge inferiority complex about it, but that nose helped them! So, it began to appreciate its own nose.

 

ついに、自信を持って、楽しく働き始めたのです。

And as a result, it began to work confidently and happily.

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

私は、この話は人間にも当てはまると思います。ひょっとしたら私たちには他人からからかわれるような性格や振る舞いがあるかもしれません。でも、このような性格や振る舞いが思いもよらない方法で役に立つこと、助けになることがあるかもしれないのです。

I think, this can be applied to us, humans. We might have some personalities or behaviors which are teased by people. But these personalities or behaviors might come in handy, providing help in unimaginable ways.

 

私たちはみな、それぞれ違いますよね。自分とは違うからといって他人を笑ってはいけないのです。それが他人と違う特徴なのです。

Everyone is different. We shouldn’t laugh at others because of their uniqueness. It is what sets us apart from others.

 

だから、私たちも劣等感を持つ必要は無いんです。

That’s why, we need not feel inferiority complex.

 

それに、サンタクロースは素晴らしい上司だと思います。

In addition. I think, Santa Claus is a fantastic boss.

 

というのは、彼はトナカイ同士の中で起こっていることを理解し、真っ赤な鼻のトナカイの劣等感を優越感に変えたのです。Because, he understood what happened among the reindeers, and he changed the red-nosed reindeer’s inferiority into superiority.

 

更に、サンタクロースはそのトナカイを精神的にも助けました。そんなサンタクロースは手本になるのに相応しい上司です。人間社会においても、上司というのは皆、彼のようにあって欲しいですね。

What’s more, he helped it mentally. He is worth emulating. I think every boss in human society should be like that.