英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸「なぜ?」に潜む本当の意味は?

(The real meaning behind the Why’s)

 

通常、「なぜ?」は理由を求めるために使われます。例えば

(仕事上で)「なぜこれを忘れたの?」とか

(プライベートで)「なぜ彼と別れたの?」とかは、理由とか説明を求めますよね。

Generally speaking, “why” is used to ask for reasons. Questions such as

“Why did you forget this?” or

“Why did you break up with him?” demand reasons or explanations.

 

これらの質問に対する答えは、例えば「ノートに書いていなかったから(忘れた)」とか、「彼が浮気したからよ(別れた)」とかですね。

These questions would require answers such as “Because I didn’t write it down in my notebook” or “Because he cheated on me” respectively.

 

でも時には、「なぜ?」は質問するためではなく、それとなく何かを求めるために使われることもあります。

But in some cases, “why” doesn’t really intend to ask questions, but require or demand some things in a subtle way.

 

例えば、上司が部下に「彼女はなぜいつも沢山ミスするんだ?」とか、例えばガールフレンドがボーイフレンドに「なんであまり連絡くれないの?」とか聞いたとすると、

As an illustration, a boss might say to his subordinate, “Why does she always make many mistakes?”. Or in another case, a girlfriend would ask “Why don’t you send me text messages often?”

 

最初の質問については、おそらく部下は「彼女は仕事に集中しないんですよ」と答えるでしょう。でも、上司が本当に聞きたいのは、「僕が彼女に教育します。同じミスをしないよう指導します。」という回答なんです。

Examining the first question, the expected answer must be “Because she lacks concentration on her tasks.” But in reality, what the boss wants to hear subtly is “I need to educate and train her more to avoid repeating the same mistakes.”

 

2つ目の質問について言えば、正しい答え方は、「ごめんね。とても忙しかったんだよ。でも君を愛しているよ。だからこれからは時間を見つけてLINEしたりするよ。」のような回答ですよ。

Referring to the second question, the correct answer must be something like, “Oh, sorry, I was very busy at the moment. But I love you, so I’ll try to find time to communicate with you via LINE or other messaging applications.”

 

私もいろいろ経験してきました。たとえば、以前上司が「なぜこのグラフを作ったんだ?」と聞いてきたので、顧客の注文が減ったことが分かりやすいからだとか理由づけました。でもどれほど説明しても彼は一貫して「なぜだ?」と繰り返しました。「このグラフがどれだけ正確に傾向を示すんだ?」とか「なぜこの分析が役に立つんだ?」など。

I myself had my fair share of such experiences. One time, my supervisor asked me, “Why did you make this kind of graph?” I tried to reason with him and say that it is the best way to illustrate the decreasing trend of our customer’s orders. But, no matter how hard I try to reason with him, he would consistently ask follow-up questions such as “How exactly can this graph show such trend?” or “Why is this useful for the analysis”.

 

議論しましたが、決して勝てませんでした。その後気づいたんです。上司がなぜそのように質問してきたか。それは私の説明を聞きたかったからではないんですよ。彼自身このグラフは必要ないと思ったから、「削除すること」を私に求めてたんです。

It was an argument I could hardly win. Later on, I realized, the reason why he was asking such questions, was not to hear my explanations, but instead, he wants to indirectly ask me to delete the graph because he thought it was not necessary.

 

やはり、相手が何を言おうとしているのか、「なぜ?」に隠れている本来の意味を見定めることが大事ですね。

It is important for us to discern what the other party really wants to say, hidden behind the why’s.

 

コミュニケーションのトラブルを減らしたり会話によるストレスを防ぐため、会話力を上げ、めんどくさいこととかトラブルを避けるためには、「行間を読むこと」を学ぶ必要がありますね。

In order to reduce our communication problems or avoid any stressful things over conversations, we need to acquire good communication skills and learn to read between the lines to save us from the hustle and trouble.

 

~単語~

・in a subtle way:それとなく、巧妙に(類語:indirectly)

・as an illustration:実例として

・have one’s fair share of~:~がかなりある

・reason(自動詞)論理的に説得する

※他動詞もあり、~と推論する、(論理的に)論じる、などの意味です。

・follow-up questions:会話を続けるための質問

— follow-up questionsとは–

「follow up」は「~から続ける」「~を引き継ぐ」という継続の意味がありますので(※類語 continue)、イメージしやすいでしょうか。

例えば、「昨日新しくできたレストランに行ってきたよ」という人がいたら、

「どこの場所なの?」

「イタリアンなの?フレンチなの?」

「誰と行ったの?」

「何を食べたの?」

と質問することで、会話が続きます。つまり、5W1Hですね。

★When  いつ?

★Where どこで?

★What なに?

★Why なんで?

★Who だれが?

★How どのように?

このように質問することで会話が途切れなく進みます。

follow-up questionsは、この5W1HやYes-Noで答えるような質問を指します。

・discern:見定める

・read between the lines:行間を読む

・hustle【hʌ́sl】不可算名詞:人ごみの中での押し合い、喧騒など