英語

ホーム>英語>単 語
単 語

🌸【単語】「kind of~」と「kinds of~」の違いは?

今日は、「kind【kάɪnd】」の異なる意味について、ご紹介します。

名詞、形容詞句、副詞句の3つの使い方があります

 

まずは「名詞」からです。

【kind可算名詞】:種類、タイプなど

a kind of~の形で使われ、一種のなどのように「種類、タイプ」を表します。

冠詞を“this”に変えて、“this kind of~”とすると「このタイプ」「この種類」と使えます。

 

※「kind of ~」と「kinds of ~」は、単数形か複数形かの違いです。

例文:

1.What kind of movie do you like?

(どのジャンルの映画が好きですか?)

【解説】1つの映画のジャンルについて、聞いています。

例えば「ホラー」なのか「SF」なのか「ラブコメ」なのか。この質問に対する回答は、「1つだけ答える」ことになります。

 

2.What kinds of movies do you like?

(どのジャンルの映画が好きですか?)

【解説】複数の映画のジャンルを聞いています。例えば「ホラーとサスペンスが好きです」とか、

「ラブストーリーとコメディー、そしてSFが好きです」のように複数回答することになります。

 

3. I like the American drama, named “Grey’s anatomy”. I really like this kind of medical drama. I haven’t finished watching it, so I watch it little by little every day.

(私はアメリカのドラマ、「グレーズ・アナトミー」が好きです。このような医療系のドラマが本当に好きです。

まだ見終わっていませんので、毎日少しずつ見ています。)

 

次に、形容詞句として、名詞を修飾する表現です。

【kind of(形容詞句)+名詞】:ちょっとした~、・・・のような(の感じの)~

表現を曖昧にぼかして言う表現です。

※sort of にも言い換えられます。

例文:

1.  He is kind of my family = he is sort of my family.

(彼は、私の家族みたいなものです。)

 

2.  She is kind of my enemy = she is sort of my enemy.

(彼女は、私の敵のようなものです。)

 

最後に副詞句です。

【kind of(副詞句)+動詞 or 形容詞】:ちょっとした~、・・・のような~、どちらかといえば・・・等等

これも同様に、表現を曖昧にぼかして言う表現です。

 

He is handsome.

(彼はカッコイイ)

↓

He is kind of handsome.

(彼はどちらかと言えばカッコいい=彼はカッコイイ部類に入る。)

 

例文:

1. I think, this drama is kind of fun!

(このドラマは面白い方だと思うよ。)

 

2. I like his face. He is kind of good looking (or handsome)

(私は彼の顔が好きです。どちらかというとハンサムよね。)

 

3. I don’t know whether I’m kind of beautiful or not, but when I was young, I used to be beautiful.

(私って美人の方に入るかどうか分からないけど、若いころは美人だったのよ。)

 

4. She is said to be a kind person. But for me, she is kind of sneaky.

(彼女は優しい人って言われているけど、私にとってはどちらかというとずる賢い。)

※「a kind person」のkindは形容詞で、「優しい」という意味です。