英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人生】神頼みやパワースポットの効果は?

Title: Why people tend to rely on spiritual things?

 

望みを叶えるために、スピリチュアルなものに頼りたくなることってあると思います。恋愛運を高めるとか、運気が上がるようにとか、仕事運UPもそうです。パワースポットに行く人もいますし、お守りを身に着けるとか、神頼みというのも、ありますよね。

Some people tend to rely on the spiritual realm for their heart’s desires. So, they willingly go to places where they could get positive energy to fulfill their dreams involving love, luck, or even career. Some people also carry charms or pray to God in hopes that it holds the key to granting their wishes.

 

でも神様が全員の望みを叶えてくれる・・・とは考えにくいです。

But I don’t think God really helps us in such situations.

 

もし10人の女性が同じ一人の男性との結婚を求めて神頼みしたら?・・・

What if 10 different women are head over heels on the same guy, and all of them pray to God to marry this guy someday.

 

結果は不公平になりますよね(10人のうち1人しか叶わないことになります)。それにそもそもその男性には、好きな人がその10人の中にいないかもしれない。その男性にも誰を好きになるかは自由です。ですからその10人の女性全員の願いが叶うというのは、あり得ないのです。

The result must be unfair since only one will be favored, despite all of them praying to God. What’s more, the guy in questions also has a right to choose and love someone he likes, which might not even be among the 10 women. It is clearly impossible to grant all the ten women’s desires.

 

でも実際、パワースポットに行ったり神頼みしたから、願いが叶ったと言う人がいるのも確かです。実体験から実証されることもあるのです。

However, some people definitely got what they wanted after going to sacred places to get positive energy or praying to God. In such cases, they might testify that this belief works.

 

例えば、パワースポットに行った後に、好きな人に告白したらOK貰えたとか、恋人ができたとか、良い結果につながった事実があるから、噂も広がります。

For example, when they end up getting together with the person whom they like, or get a new boyfriend or girlfriend. As long as they get their heart’s desires after visiting these places, the rumor that the positive energy or God helping them works miracles will spread like wildfire.

 

このように、良い見本があると人は信じるものです。

Many people will tend to believe, as these people will be living proof of that.

 

ところで、なぜ「パワースポットに行く」とか「神様に祈る」や「お守りを持つ」といった文化があるのでしょうね。

Now, think about people going to such places to get positive energy, praying to God, or having faith in good luck charms and start asking the question as to why we have such a culture.

 

「パワースポットに行ってパワーをもらう」とか「神様に頼む」は、神秘的な世界ですね。パワースポットに行けば前に進むためのパワーがもらえるかもとか、神様が叶えてくれるかも・・・と強く信じるものです。

These belief systems are a bit mysterious for me. In my opinion, whenever we go to such places or ask God to hear our prayers, we strongly believe that either the spiritual energy takes into action or God finally hears our calls, and eventually grant our wishes.

 

願うことによって、その「願い」に固執します。強く願えば願うほど、安心感が芽生え、自信を持てるようになり、頭がすっきりして何かを決断するきっかけになるかもしれません。これが結局、前向きに行動するようになったり、いずれ成功へとつながることもあります。

These are our hopes, and we cling strongly to it. As a result of this strong hope, we might feel confident and relieved, and therefore causes us to decide on things with a clear state of mind, and end up active proactively and succeeding in the long run.

 

そのように実際行動して、何かを成し得た人は、「パワースポットのおかげかも!」「神様にお願いしたから叶ったんだ!」なんて思うのでしょう。

Then it will lead us to believe that “Oh, this is it! Because I sought for positive energy from the spiritual places” or “I asked help from God, so I could finally achieve these things.”

 

でも、実際は、自分の正しい決断、そして自らの行動の結果なんですよ。結局は、自分で成し得たことなんです。そう思いませんか?

Truth be told, it is actually the result of our good decision-making and actions. We did it on our own, didn’t we?

 

恋愛においては、パワースポットに行った後や神様にお願いした後、勇気出して告白してOK貰えた場合、「告白するタイミング」とか「上手く伝える話術」とか、冷静になれて判断できた結果かもしれません。

About romance, if someone wants to ask for a date, after going back to the place where they got energy, I think they could make the right decision or chose the right person, or could make themselves calm down or chose the right words to tell.

 

では逆に、告白されたとか、自分は行動起こさず相手から寄ってきたという受動態で恋人ができた場合は、パワースポットに行った後でしたら「神様が私に寄こしてくれたのかな」「神様が願いを聞いてくれたのかも」なんて思うでしょうね。

On the contrary, in such situations when we don’t express our romantic feelings to someone, but someone asks us to go together on a date, sometimes, we pray to God to lead our path to Mr. Right. Let’s say, after going back from the spiritual place, and earnestly ask for the right partner in life, and suddenly we get a date invitation from another person. We can’t help but think that this person is God-sent and the answer to our prayers.

 

でもこのような場合は、パワースポットに行っても行かなくても、早かれ遅かれ、恋人ができただけにすぎないか、パワースポットに行って安心感が出たため、以前より増して女子力を高めたなど自分の努力の結果かもしれません。

We are fixated to the idea that he is Mr. Right and we tend to do everything to make the relationship work. Eventually, we would continue to interpret it as results of the positive energy or “answered prayer” from God. I think the relationship works, not because he is sent to you by God to answer your prayers, but because you work hard for the relationship, and treasure it as the most important thing in your life.

 

実際、運命の人と出会えたのは、あなたが一生懸命努力して成長できた結果だと思います。つまり、成功したのはあなた自身の行動です。

It is you alone, who led yourself to Mr. Right because of your hard work and efforts. It is the fruit of your labor.

 

結局のところ、恋愛運があるとかないとか、良い出会いがあるとかないとか、すべて正しい決断と自分の行動次第ではないでしょうか。パワースポットや神様のおかげ・・・とは限りません。

In conclusion, whether we have a good luck with love or not, whether we are fortunate enough to meet the right people, everything is tied to our decisions and actions, and not some divine intervention.

 

もしパワースポットや神様のおかげと言えるものがあるとすると、それは私たちの精神、感情、行動や決断のきっかけを下さったということでしょうか。

The only intervention that is happening here is the intervention of our minds, to our emotions to our physical actions and decisions.

 

実際、神頼みのように何かに頼るというのは、「自分に自信がつく」とか「安心できる」など、ポジティブな効果があるということは言えそうですね。ですから、このようなスピリチュアルなものは良い影響を与えてくれると思います。

To tell the truth, relying on something or on God might lead us to have confidence in ourselves. The confidence that boosts us to act and get things done the way we want them to be. So, we can say that these spiritual things may have a positive effect on us.

 

実際お告げがあるという意味ではありませんが、私たちの考え方を変えてくれたり、何か行うよう背中を押してくれる力はあると思っています。

Not in the mystical and spiritual way that the myths tell us, but in a way that it changes our mindset and leads us to do greater things.

 

~単語~

・hold the key:(~を行うための、解決するための)鍵を握っている、重要な役割を持つなど

realm【rélm】名詞:領域、範囲、部門など

 

「realm」と「area」の違いは?

“realm” は抽象的なものに使われ、 “area”は抽象的なものにも具体的なものにも使われるようです。

例文)

・The spiritual realm is much bigger than we thought.

(スピリチュアルな部分は私たちが思っている以上に大きい)

 

・The area where I work is very clean.

(私が働くところはとてもきれい)

・grant【grˈænt】他動詞:~を叶えてやる、承諾する、~を許すなど

— grantの(例文)–

1. Please grant my request. I’ll do my best.

(どうか私のお願いを聞いてください。頑張りますから)

 

2. I always pray to God to grant my wishes.

(私はいつも神様に、願いを叶えてくださるよう祈っています)

 

【I love him】と【I’m in love with him】の違いは?

実際は同じ意味です。

でも、 “I’m in love with him”のほうがロマンチックな意味があります。

 

また、loveは兄弟でも友達でも使える単語です。

例)

・I love him as a friend. 

・I love him because he is my brother, etc 

 

その反面、「be in love with」は片思いや恋人に対する・・・といったような恋愛のみです。

・head over heels:~に首ったけになる、惚れる、ぞっこんになるなど(=fall in love with someone)

— head over heels(直訳:かかとの上に頭)について–

このイディオムは、1300年ごろに作られたらしく、もともとは「upside down」(逆さま)という意味で、転んだ時に頭とかかとが逆さまになる様子から、「逆さま」という意味で使われていましたが、18世紀ぐらいには次第に「惚れる」「ぞっこんになる」「首ったけになる」という意味で使われるようになりました。

恐らく・・・fall on the groundから、fall in loveというように、変化したかもしれませんね。今では、この「fall in love」の意味で使われます。

 

例文:

1. Even though we just met each other 2 months ago, I’m already head over heels in love with him.

(まだ出会って2か月しか経っていないけど、私はすでに彼にぞっこんです。)

 

2. He is easy to be in love with someone. It doesn’t take so long for him to be head over heels for someone.

(彼は惚れっぽい性格です。誰かに惚れるのに時間はかかりません)

・in questions:当該の、(すでに話題にのぼっている人や物事を指す)例の人、例の件、この件など

・sacred【séɪkrɪd】形容詞:神聖な=holy

— sacredの(例文)–

1. This charm is sacred. This gives me a lot of good luck.

(このお守りは神聖です。沢山の幸運をもたらしてくれます)

 

2. Cows are sacred in India.

(インドでは牛は神聖とされている)

・get one’s heart’s desire(s):望むものを手に入れる、本望を遂げる等

・spread like wildfire:(噂などが)すぐに広がる

・living proof:良い手本、良い見本など

・call【kˈɔːl】可算名詞:※いろいろな意味がありますが、ここでは「要求」です。