英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌺【人生】(ギャンブル、無駄遣い、ダメ男など)止めたいのに止められない・・・

In our lives, many of us have been through situations when we think something’s not right, but we still end up doing it. Things such as “I know it in my head, but I can’t stop gambling”, “I know he doesn’t love me anymore but..”, “I decided to start dieting, but I’ll eat this cake just for today” are some of the examples.

人生、多くの人が「ダメだと分かっているけど、やってしまう・・・」という経験があると思います。例えば、「どうもギャンブルが止められない」とか「私のことなんて愛してないと分かってるんだけど・・・彼のことが・・・」とか、「ダイエット始めるぞ!でも・・・今日だけこのケーキ食べよう」なんてね。

 

As to the reasons why humans tend to be vulnerable when it comes to things like gambling, smoking, hopeless romance, binge or uncontrolled shopping, and dieting in order to lose weight, these things can give us a moment of pleasure. This temporary ecstatic feeling or happiness is really addictive to us.

どうして人間はこういう・・・例えばギャンブルとか、たばこ、ダメ男との恋愛、買い物依存、ダイエットといったことには意思が弱くなるんでしょうね。私が思うに、これらはいずれも「一瞬の快楽」「一時の快楽」が得られるからなんだと。つまりこの「一瞬」しか味わえない快楽にはまってしまうのではないでしょうか。

 

Even if we know that these things will do nothing but harm, we still are unable to control our urge to give in to such temptations. We usually tell ourselves, “This is going to be the last time, I’ll quit from tomorrow”, but it just ends up an endless cycle of regret.

ギャンブルとか、買い物中毒とか「百害あって一利なし」というのは分かってるんですよね。でも、人はどうもその衝動を抑えることができなくて、誘惑に負けてしまうんです。自身に言い聞かせることもあります。「(パチンコでもダイエットでも)今回が最後!明日から止めるんだから!」と決意しても、結局は後悔の連続・・・・

 

If we really want to stop something we know is bad for us, such as vices, the most effective strategy is to take action. That’s all. No excuses, no exemptions.

悪いことと分かっていて、どうしても止めたい時、結局は最も効果的な方法は「行動するこ」なんです。それしかないです。言い訳も例外も無し!

 

For example, someone can’t help buying name-brand bags or clothes, so she has continued to be buried in debt. She knows this is wrong, but she can’t stop it as she just wants to show off. These luxury items are status symbols, and to compensate for the bad financial situation, she wants to show the world that she’s doing okay. If she really wants to change her bad way of life, she has to take the first leap, and make a strong decision to stop buying those things from now on, so she can eventually live a debt-free life.

例えば、借金してまでブランドの鞄や服を買ってしまう人もいますよね。彼女も「こういうの良くない」って知ってるんです。でも見栄というか見せびらかしたいというかで止められないんですよね。確かにこういう高価なものはステータスのシンボルですから、借金してでもと思うのでしょう。イケてる自分をまわりに見せたいのでしょうね。でもこういう借金の生活から変わりたいと思うなら、最初の一歩を踏み出さなきゃ変わらないですね。強い意志を持ち、「今からもう買うのはやめるぞ!」と。そうすれば借金と縁がない人生に変われます。

 

If you keep doing the same thing over and over again, you probably just lack determination.

何度も何度も同じことを繰り返していれば、「決意」「決断」もなくなります。

 

Do you want to change your lifestyle? Then just stop it. No excuses.

人生変えたいと思いますか?それなら「それを止める」ことですね。言い訳は一切なし!

 

You can’t stop it? Then stop grumbling, take the leap and take the action!

それでも無理?とりあえずそのようにできない理由をぶつぶつ不満を言うのはやめて、一歩踏み出すのみです。行動のみです。

 

~単語~

・vulnerable【vʌ́lnərəbl】形容詞:(誘惑に)弱い;(感情などが)傷つきやすい;(非難や攻撃を)受けやすい

vulnerable:エッセイでは誘惑に弱いという意味で使っていますが、その他の例文をご紹介します。

Ex: I’m a vulnerable person because I easily get hurt when I argue with someone.

(私は弱い人間です。誰かと口論するとすぐ心が傷つきます)=(感情などが)傷つきやすい

 

Ex: She is vulnerable so she is easily influenced by someone.

(彼女は弱いので、誰かの影響を受けやすい)=(非難や攻撃を)受けやすい

 

・binge=「~しすぎる」というスラングで、下記のように「お酒の飲みすぎ」や「食べすぎ」のように使われるようです。

 

【名詞】:

・I used to be a binge drinker(私はかつて大酒飲みでした)

・He went on a binge and was in no shape to drive(彼は飲み過ぎて、運転できる状態ではなかった)

※”go on a binge”という形で、飲み過ぎる、食べ過ぎるという意味で使われます。

 

【動詞】:“ She binges on chocolate, so always eats too much”(彼女はチョコレートを食べ過ぎる。いつもたくさん食べているよ)

 

また、 “binge-watch”(一気に見る)もよく使われます。Netflixなど動画サイトのドラマなど全シーズン配信の影響で言われるようになった言葉のようですね。

 

例:I really like the American TV series “24”, so I binge-watched all its seasons.

(アメリカのドラマ「24」がすごく好きで、すべてのシーズンを一気に見たよ)

 

もう一つ、“binge-shopping”(いわゆる爆買い)もよく使われます。

・control an urge to ~:~したい衝動を抑える

・take the first leap:第一歩を踏み出す