英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人生】失敗から学ぶことの意味(つまづき、トラウマの捉え方)

中国には、“吃一堑,长一智”(一度つまづけば、それだけ利口になる)という諺があります。

一度間違いを犯したり、悪い経験をすると、そこから人は学習して知識をつけ、成長に繋げます。そして今後、同じ間違いは犯さないという意味です。

“Chī yī qiàn, zhǎng yī zhi” is one of the Chinese proverbs which says that once we make mistakes or experience bad things in life, we would gain knowledge from them which stimulates our personal growth and prevents us from repeating the same mistakes.

 

似た諺で、 “一朝被蛇咬,十年怕井绳” (一旦蛇に噛まれると、十年たっても井戸の縄まで怖い)があります。一度蛇に噛まれると、単に蛇に見える縄までも怖くなる、そして10年ほど怯えてしまう、という心理です。

There is another proverb quite similar to the one mentioned above, which is “Yī zhāo bèi shé yǎo, shí nián pà jǐng shéng”.  It means that once we are bitten by a snake, we would get scared to see even just a plain rope in a well for 10 years.

 

これは、蛇に噛まれたという嫌な経験によって「恐怖」を覚えるからですね。蛇に見えるものを長年怯えてしまうトラウマを生み出す例えで、心理的にも肉体的にも恐怖をもたらします。

It implies that the bad experience of being bitten by a snake would create a traumatic experience that would cause us to fear anything that looks like a snake for a long time. This trauma brings about both physical and mental scare.

 

この諺について解釈すると、どういう状況で、または「なぜ蛇に噛まれたか」を考え、その経験を生かして、今後は注意していくことが大事で、そうすることで将来もっと強力な毒蛇に噛まれる運命だとしても回避できる知恵や注意力がついているもの、という教えだと思います。

With regards to this proverb, I think it is crucial to analyze how or why we got bitten by the snake in the first place. Then it will lead us to be more careful so as not to go through the same thing, and obtain wisdom from all of it. This, eventually might help us to avoid far worse things such more venomous snakes.

 

注意する以外に、「本物の蛇かどうか」を見分けるぐらいまで知識を高め、精神的に強くなると、成功をつかむチャンスが見えてくるとも言えます。

Aside from developing caution, we might also widen our wisdom enough to be able to distinguish the real snakes from the fake ones. Figuratively speaking, this will make us mentally stronger, less vulnerable to fears and more likely to succeed.

 

つまり、自分の中にある弱い自分を超えるための試練、ともいえます。

So this challenge is essential for us to overcome.

 

人には、どれだけ努力してもうまくいかないことはあります。時には、予想もしなかった事態になったりします。ただ、私達はそれらを教訓として、学んでいけばいいのです。

In our lives, there are many things that we can’t or won’t achieve no matter how hard we try or how much efforts we put into it. Sometimes, unexpected things happen. We just have to learn from these experiences.

 

私たちの人生は、例えていうなら「驚き」が沢山詰まった箱のようなもの。「学び」というのはたいてい予期しない事態から得るものです。

Life is like a box full of surprises, and learnings come from the most unexpected ways.

 

失敗やつまづき自体は、悪いものではありません。

Failures and struggles are not at all bad.

 

繰り返したり、他人のせいにしたり、反省しなかったとしたら、それは「無駄」で終わるだけではないでしょうか。もっと悪いことに、自分を大いに苦しめるトラウマになってしまうかもしれません。

But whenever we repeat the same mistakes, blame others or bury ourselves with regret, then, that’s when it will end in vain, and lead to failures. What’s worse, it only becomes our traumas which brings about a huge deal of pain.

 

今起こったことや起こっていることは、未来の自分への教えとなります。

そしてこれらはすべて、今後起こるかもしれない苦しみや、失敗、後悔や悲劇などから自分の身を守るための教訓です。

Things which happened just now or are happening right now, can be our lessons in the future. All of them are our lessons made to protect ourselves from future pain, failure regret and misery.

 

「知識と経験、失敗から学ぶこと」が、未来の自分を守ってくれますよ。

Knowledge, experiences, learning from failures, everything can protect the future us!

 

~単語~

「proverb」と「saying」の違い:

このエッセイでは、中国の「諺」を引用したので、”proverb”を使いましたが、ふと”saying”と迷いました。

sayingを辞書で調べても、「言い習わし」とか「ことわざ」って出てきます。

 

英会話の先生に違いをきいてみたところ、

「厳密にいうと、“saying”は世間的に言われていることや話し言葉で使われ、

“proverb”は諺で、何年にも渡って語り継がれてきた教訓や教えなどを指します。」

On a strictly literal level, a saying is anything that is said or, if you prefer, spoken. A proverb is a set of words that contain a lesson or meaning which holds up over the years.

ということです!

つまり、教訓が含まれるのはsayingではなく、proverbの方ですね。

 

過去分詞の形容詞的用法:「怖い」のいろいろな表現:

日本語にも「怖い」は沢山ありますね。お化けが怖い、上司が怖い、人前で話すのが怖い・・・などです。

英語にもafraid, scared, frightened, horrified, terrified このようにいろいろな単語が使われます。

どれも同じ意味の形容詞ですが、若干意味の違いがあります。

◆afraid = scared: 不安から来る怯え、恐怖から来る怯え

◆frightened = terrified:突然驚かされることから来る怯え・怖さ

◆horrified:緊迫した状況で感じる恐怖、ホラー(※horror)映画から連想できるぞっとする恐怖で、ショッキングな状況が含まれます。

 

例えば、虫が怖い・・・の言い方ですが、

◆I’m afraid / scared of bugs.(私は虫が怖いです)

 

◆I was frightened/ terrified when I saw a bug on my lap.(PCに虫がいるのを見た時、怖かった)

※「わっ 虫がいる!」の感じです

 

◆I was horrified when the bug jumped to my face.

(虫が私の顔に飛んできて、怖かった)

※いきなり飛んできて怖くてドキドキしてる感じ=緊迫感、ショッキング です。

 

ところで、”be scared”(怖い)ですが、具体的にも抽象的にも使えます。

【抽象的】 I’m scared of being scolded by my immediate superior.

(上司に怒られるのが怖い)

 

【具体的】 I’m scared of spiders no matter how small it is.

(どんなに小さくても、私は蜘蛛が怖いです)

・fear【fíər】他動詞:~を怖がる、~を恐れる

※不可算名詞の「恐れ」「恐怖心」もありますが、本エッセイでは他動詞として使っています。

・so as not to~=in order not to~=not to~:~しないために

※so as to~=in order to~=to~:~するために

 

「knowledge」に付随する動詞は?:

日本語でも、知識を増やすとか高めるとか、いろいろな言い方があります。

英語も同じです。

 

例えば、

1. I want to increase my knowledge. (知識を増やしたい)

2. I want to obtain more knowledge in the Chemistry field.(化学の分野の知識をもっと得たい)

3. I want to get more knowledge about history. (歴史の知識をもっと得たい)

4. I want to widen my limited knowledge in Financial Management.(私の財務管理知識は狭いので広げたい)

 

このように、いろいろ使えますし、さらに

・acquire(得る)

・earn(得る)

・enrich(深める、豊かにする)

・broaden(広げる)

なども使えます。

・vulnerable【vʌ́lnərəbl】形容詞:弱い、感情的に傷つきやすい

・ “a box full of …” (~がいっぱい詰まった箱)

— a box full of~の例文 —

この表現がロマンチックに感じるので好きです。いくつか例文を書きますね。

1. Our future is like a box full of happiness.

(私たちの未来は幸せに満ちた箱のようなものです)

 

2. When we begin to go out together, our lives is like a box full of love.

(付き合いはじめのころは、生活は愛に満ち溢れた箱のようなものです)

・ not at all【副詞】少しも~ない ※否定文を強調

例文)

1. Today, the weather forecast said it got cool, but it’s not at all cool, but even very hot!

(天気予報だと今日は涼しくなるはずなのに、少しも涼しくないし、むしろ暑い!)

 

2. I don’t care about his ex-girlfriend. I really don’t care at all.

(彼氏の元カノには興味がありません。本当にまったく気になりませんよ)

 

3. He isn’t at all scared of snakes, but he is really scared of small insects.

(彼は蛇はまったく怖がらないのに、小さな虫は怖がります)