英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

【人生】価値観の押し付けは、良くないよ…

(Don’t impose your thoughts on other people)

 

少し言いたいことがあります。それは、友達のつもりかもしれないけれど、考えを押し付けてくる人がいるということ。日常生活において、人生に影響が及ぶような人と出会いますね。本当の友達になる人もいれば、一見友達に見えても自分の考えを押し付けるような人もいます。

What I really want to say here now, is “there are some people who pretend to be our friends, and impose their thoughts on us”. In our lives, we’ll get to meet people who will affect our lives. Some are genuine friends, while some just pretend to be such in order to impose their thoughts on us.

 

このような自分の考えを押し付ける人というのは、例えば「この服可愛くない?」とか、「娘にとって私って良い母親でしょ?」とか、「これ僕が作ったんだけど、凄い?」とか、「資格取得のために勉強始めたんだよ。やるでしょ?」とか、まだまだありますけど。こういうのって、自分の見方を押し付けてません?

Some instances of imposing their thoughts on us are when they ask things such as, “My dress looks nice, doesn’t it?”, “I’m a good mother to my daughter, aren’t I?”, “I made it by myself, am I great?””, “I’ve studied something for acquiring a qualification. I’m great, aren’t I?”, and so much more. They must foist their views on others, mustn’t they?

 

通常、人って自分にとって大事な人や身近な人以外は、他人のことに興味が無いんですよ。現実的に言えば、あなたが何を着ようと、どれぐらい子供のことを愛していようと、何を作ろうと、どうでもいいんですよ。だからといってこちらに何か影響が及ぶわけでもないし、知ったことでもない。

Generally speaking, people don’t tend to be interested in other people’s matters except for those special or close to them. Realistically speaking, we don’t care so much about what you wear, how much you love your child, or what you made. They don’t affect us in any ways and are trivial to us.

 

私から見ると、このような(押し付ける)人って、「相手の気持ちに寄り添う」ことが欠けてるように思う。実際過去にこのようなタイプに会ったこともあります。共通して言えることは、自分のことしか考えておらず、自分のことばかり話すんです。自己中ですね。

From my point of view, these types of people lack the value of “empathy”. I have also met people like that in the past. They share a common denominator, which is, they are all full of themselves, and they make everything about themselves. They are egocentric individuals.

 

例えば、私自身喘息を患った経験があり、それを話す機会があった時のことです。本当の友達であれば、私の状態とか状況が気になって、「いつ始まったの?」、「まだ通院してるの?」とか、「え?それは辛かったね」などこのように気遣った言葉や態度を示してくれるものです。

I have one example. When I happened to talk about my asthma experience, genuine friends would be interested in my condition or situation, and ask me “when did the asthma begin?”, “Do you still go to hospital?”, “Oh! you must have gone through a hard time”, such words or actions which shows empathy. 

 

一方、価値観を押し付けるような自分本位の人なら、すぐに話題を横取りして、例えば「私(または自分の娘)も喘息の経験あるのよ。本当にひどかったわ」のように始まり、すぐに自分の話題にすり変えて、自身の話に夢中になるんですよ。決して私の話には触れずにね。

On the other hand, those who force their values soon would take over the topic and change it into something like, starting from “I (or my daughter) have this experience. It was really dreadful” and be engrossed in themselves, and never mention my topic at all.

 

このタイプの人は、結局は孤独になると思いますよ。友好関係も狭まってきます。だってあなたもこのような自分本位というか、自分大好き人間のような人がいたら距離を置きたいって思いませんか?きっとそうすると思います、なぜならそのような人に巻き込まれたくないはずですから。

In my opinion, this type of people would become lonely eventually. Their circle of friends will grow smaller and smaller. Others might tend to distance themselves from such egocentric or narcissistic people. Of course, you would, because you don’t want to be involved with such people.

 

みんな自分の人生を生きるのに忙しいんです。それに自分の貴重な時間を、このような他人のくだらない話を聞くことに使うより、もっと大事な人のために使いたいじゃないですか。恋愛にしても、仕事にしても、友達関係にしても、すべてにおいて双方向であるべきです。一方通行だけのやり取りは、友情も人間関係も壊れてしまいますよ。

Everyone is busy living their lives. They would rather want to spend their precious time for people who matter the most than listening to the useless things about others. Love, jobs, friendships, everything must be two-way. If it’s only one-way, it will implode and lead to destruction of friendships and relationships.

 

~単語~

・common denominator: 共通点

・egocentric【ìːgoʊséntrɪk】形容詞:自分本位な、利己的な

be engrossed in~: ~に没頭する、夢中になる

circle of friends:友好関係、仲間

implode【ɪmplóʊd】体制などが崩壊する