英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【仕事】【人生】あなたの武器は、なんですか?

日本では、営業の世界で広く使われている表現があります。「戦いに行くには武器が必要」という表現です。(※多少・・・人によって言い方は異なりますね、ごめんなさい)

In Japan, there is one expression widely used in the sales field. It is “We have to prepare some weapons to fight”

 

もちろん実際戦うという意味ではないのですが、新規顧客を得るとか、商品を売るためにお客様を「取り合う」という言い方でしょうか。仕事を戦争に例えている言い方ですね。例えばカカタログとか、資料とか、新商品や戦略などのような“武器”や“道具”を持たずに戦いに挑むと、敵を倒せません。

Not literal fighting, but fighting for acquisition of new customers or selling products. Getting the job done is likened to being in a war. If we don’t have weapons and tools such as catalogues, paper documents, new products or strategies, we can’t beat our rivals.

 

「武器を持つ」この言い方は、もちろん人に対しても言えます。人においては「強み」と同じ意味で使われます。

This word also can be used in humans. This can be used the same meaning as “Strengthen”.

 

例えば、「涙は女の武器」とかですね。女性が涙を流すと、男性は何もできなくなり、許さざるを得なくなるとか。(今の時代は違うかもしれませんが)

ですから、いわゆる「女の涙」がとても強い意味があり、武器のようなものと言われています。

 For example, “A woman’s weapon is her teardrops”. When women shed tears, men can’t do anything but try to forgive, etc. So, it is said that a woman’s tear is very strong, something like a weapon.

 

「武器」とは本来、敵の攻撃から自分の身を守り、敵を攻撃するために使われます。自分自身を守るためと(社会で)戦うために、私たち自身の中にある武器を使うということです。ここで言う武器とは、資格であったり、技術であったり、性格や人間関係も含みます。

Weapons mean to protect us from harm or be used to defeat our enemies. In order to protect ourselves and fight, we can utilize different weapons within ourselves. Examples of these are qualifications, skills, character and even human relationships.

 

今、私自身について考えています。私にはこれといった特長も技術もありません。でも唯一持っているのは、「笑顔」でしょうか。「笑顔」は「第一印象の良さ」とも言えますかね。私は営業です。これはとても重要だと思っています。私のこの武器(笑顔)で新規顧客獲得につながることもありますし、そこから固定客になり得ます。「笑顔」はお客様にとって、話しやすいとか近づきやすいという印象を持っていただければ、必要な時に私に連絡しやすくなりますから、そこから取引が成立したり新しい注文を取ることに繋がります。

Now, thinking about myself, I may not have any outstanding character or skills, but I have a good smile. A good smile leads to having a good first impression. And in my field, in Sales, it is a very important capital. This weapon can be used to attract new customers and retain them as regular clients. By showing a good smile, we can foster a friendly and approachable environment to the clients which makes them comfortable to contact me whenever they want, which leads me to closing new deals or obtain new orders.

 

厳密に言うと、武器は永遠には使えません。消耗品です。つまり時とともに、私たちは自身の武器を変えるとか、状況に応じて武器をさらに磨くなどが必要です。

Generally speaking, weapons are not eternal. They are considered consumable. So, as time passes, we might need to change or sharpen our weapons based on our circumstances.

 

もちろん、強力が武器を持っていれば、変えていく必要はないですが。私たちが持っている「強み」というのは必ずしも永遠に通じると思わない方が良いでしょう。自分の武器がもう効果がないとか価値が無いということに気付いた時にこそ、私たちは過去の栄光とか勝利にしがみつくことなく、手放す必要があります。それらは今となっては使えない技術かもしれませんから・・・

As long as we have a powerful enough weapon, we might not need to change it. But it is not always like that. We should also be aware that some are not permanent, so when the time comes when we realize that our weapons are no longer viable or useful, we must not cling to the glories of our past victories, and let go of the now useless skills.

 

将来に向けての夢やモチベーションを持ち続け、決して諦めなければ、新しい武器を身に着けることだってできるんです。そして今よりもっとふさわしい武器(強み)となるでしょう。

As long as we continue having a vision and motivation, and remain persistent, then we will be able to create another weapon, more suited for the current circumstances.

 

~単語~

~日本語:「戦う」と「闘う」の違いは?~ 

“fight”の日本語訳には2つあります。

一つは「戦う」で、物理的な力を使うことを意味し、武器の使用も含みます。そして常に勝敗が関係します。勝つか負けるか、ですね。

 

もう一つは「闘う」で、比ゆ的を意味し、抽象的なものとの戦いを指します。そして勝敗は関係しません。「努力して何かをする」に関係します。

 

「戦う」の例文:

・Humans fought repeatedly in different wars across the globe.

(世界中で人は何度も戦争で戦った)

 

・This was the first time for him to fight in a competition, and he won.

(この競技は彼にとってこれは最初の戦いだったが、優勝した)

 

・A pet dog and a wild cat fought for a while, resulting in the latter’s victory.

(飼い犬と野良猫がしばらく戦った後、野良猫の勝利となった)、

 

「闘う」の例文:

・I used to be very weak mentally. So I decided to fight my weakness.

(私はかつて精神的にとても弱かったので、自身の弱さと闘うことに決めた。)

 

・I have to fight the pressure from my immediate superior.

(直属の上司からのプレッシャーと闘わないといけない)

 

・In the business world, women’s fight seems to be nastier than men’s.

(ビジネスの世界では、女性の闘いは男性の闘いよりも陰険に見える)

 

・be likened to:~に例えられる

※「Getting the job done is likened to being in a war(仕事を戦争に例える)は、下記のように言い換えることもできます。
=Getting the job done compares to being in a war. 

・beat 【bíːt】他動詞:打ち負かす(=defeat, conquer)

・character 【kǽrəktər】不可算名詞:性格、性質など

※可算名詞となると、映画やアニメなどに出てくる「登場人物」等の意味になります。

・retain 【ritéin】他動詞:~保持する等

— retainの使い方–

retainは、 sustain(~を持続する、持続させる), maintain(動作を持続する、状況を保つ)と同じように使えます。

 1. I have retained/sustained/maintained my good health. 

私は健康状態を保っている。

 

2. We have retained/sustained/maintained our good relationship.

私たちは、良い人間関係を保っている。

・foster 【fɔ́stər】:~を育てる、~を発展させる、~を育成するなど

※働きやすい環境を育てるなど「良くするため発展させる、促す」のようにも使えますが、子供を育てるという意味もあります。