英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【恋愛】愛情のすれ違い

どれほど愛し合っている男女間でも、すれ違いから喧嘩になることって、ありませんか?お互い好きなのに・・・相手のためを思った行動で傷つけたり、傷ついたり・・・

No matter how much couples love each other, they still argue, don’t they? Both of them love each other deeply, but sometimes, their behavior and thoughts toward each other may cause them to hurt or be hurt.

 

でもね、お互い愛し合っている限りは、「受け止め方」を変えればいいだけなので、何も問題はないんですよ。もう少し心を開いて、そして相手のことを理解してみることですね。

I think, there’s no need to worry about this. As long we love each other, we can simply change our perception of these messages and everything would be fine. It’s just a matter of having a more open mind and understanding towards your partner.

 

人は一人としてまったく同じ人はいませんから、どれほど恋愛の経験値があったとしても、あらたに出会う人との相性も毎回異なりますし、今目の前にいる人との経験値もゼロからのスタートじゃないですか。過去出会った人と今の相手を置き換えることはできませんよね。

Of course, everyone is different. No matter how many romantic relationships you’ve had in the past, there’s always a new chemistry with your current partner, and you have to start everything from scratch. Each relationship is unique in its own way. So, you cannot replicate a past relationship to the present one.

 

ところで、「賢者の贈り物」(作者:オー・ヘンリー)という話をご存じですか? 少し物語を紹介しますね。とある貧しい夫婦の話です。

Do you know the story “The gift of the Magi” by O. Henry? It tells a story of a poor couple.

 

遠い昔、あるクリスマスの日、お互い心のこもったプレゼントを買いたかったのですが、貧しいが故にプレゼントを買うお金がありませんでした。妻は自分の長くて綺麗な髪を売ってお金に換え、夫が大事にしている金の時計につけるプラチナの鎖を買いました。一方夫は、その祖父から受け継いだ大事な金の時計を質屋に入れ、妻が欲しがっていた櫛を買ったのです。

One Christmas, they both wanted to buy a heartful present to each other, but unfortunately, neither of them had the money to afford one. As the husband had a gold watch which he cherished a lot, she sold her long beautiful hair to buy a platinum-fob chain for him. On the other hand, he sold his gold watch in order to buy a comb for his wife, as he knew that his wife wanted to have a comb.

 

クリスマス当日お互いプレゼントを渡し合おうとした時、妻はその櫛を使う髪の毛はもう無くなっていて、夫も鎖をつけるはずの金の時計も持っていませんでした・・・でも、お互い「思いやり」を受け取り、大事にしたという話です。これがその物語のあらすじです。

On Christmas day, as they exchanged presents, the wife already cut her hair and the husband already didn’t have the gold watch. But, both of them accepted everything and appreciated each other’s thoughtfulness. This is a summary of the story.

 

物事にしても物にしてもそれを「無駄」と思うか「大事」と思うかは、受け止め方次第・・・とは思いませんか?

When thinking whether something is useless or not depends on us, doesn’t it?

 

タイトルが「賢者の贈り物」と称されているのは、この夫婦は単なる物ではなく、「本物の思いやり」をお互い贈ったため、この夫婦こそ「賢者」と表現しているのでしょう。二人とも「相手が喜ぶこと」を注意して見ていたからではないでしょうか。

Why the title of this story is “The Wise’ gift”? I think,  it is because this couple gave each other heartful and thoughtful presents, not just any item. Both of them looked carefully at what the partner really wanted.

 

相手がどのような言い方をしようが、どのような行動をしようが、そこに「思いやり」があれば、良い受け止め方をしてみては?  結局は、「思い」に価値があるのではないかと思います。

What does your partner say to you, or what behavior does your partner show to you? For me, as long as he has thoughtful intentions, then why don’t you take it as a positive meaning. At the end of the day, it’s still the thought that counts.

 

でも、一つ大事な条件があります。賢者の贈り物のように、「相手をよく観察しているかどうか」です。相手が喜ぶこと、を見ることです。ここが大事なんです。ここがずれていると、上手くいきませんね。

Oh, I want to say there is one important condition. It is to look at our partners’ needs carefully, the same way as the couple in the story, meaning, looking at what makes our partner happy and putting it above anything else. Otherwise, things will not go well.

 

恋人、夫婦間ですれ違う時、どうかこの話を思い出し、お互いの思いやりと愛情を再確認してみましょうよ。最終的には仲直りして、もっと愛が深まるでしょうから。

So, whenever couples argue over trivial things, it is nice to be reminded of this story, and look beyond the disagreements and into each other’s thoughtful behavior, and feel love once again. At any rate, you will make up, and make the love grow deeper as well.

 

~単語~

・perception【pɚsépʃən】不可算名詞:知覚、認識、物の見方など

・chemistry【kémɪstri】不可算名詞:(人との)相性

・from scratch: 最初から、ゼロから

・replicate【répləkèɪt】他動詞:コピーする、模写するなど レプリカ

・at the end of the day:直訳すると1日の終わりですが、本来「結局は」とか「最終的には」として使われます。

・count【kάʊnt】自動詞:大切である、価値があるなど

・above everything else :最優先である、最も重要である、第一である等