英語

ホーム>英語>文 法
文 法

🌸【文法が大事!】go to homeがなぜダメか?-homeとhouseの違いも分かりますか?-

学生のころは、前置詞や冠詞を付けずに“go home”なんて暗記したものです。

しかし、a houseと加算名詞に対して、homeは?と疑問に思ったことはございませんか?

今日はこの「home」についてご説明します。

—————————————————————-

「home」は副詞で「家へ・家に」という意味です。(※「house」は可算名詞です)

名詞ではなく副詞です。

ですから、「house」は「家」に対して、「home」は「家へ・家に」と

動詞を修飾する形になります。

 

同じような副詞としては、

there(そこへ・そこに)

here(ここへ・ここに)

somewhere(どこかへ・どこかに)

anywhere(どこにも・どこかに・どこへでも)

abroad=overseas(海外へ・海外に)

upstairs(上へ・上に)

downstairs(下へ・下に)

downtown(町へ・町に)

right(右へ・右に)

left(左へ・左に)

などがあります。

 

副詞の意味が分かったので、もう一度考えてみますと、

go to homeとすると、

go(動詞:行く)+ to(前置詞:~へ)+ home(副詞:家へ)

=「家へへ行く(家にに帰る)」

このような不自然な意味になるのですね。

ですから、”go to home”は間違いです。

 

最後に、ご参考までに例文をご紹介します。

1. I once have been there three times.  

かつてそこに3回行ったことがあります。

 

2.Please come here as soon as possible.  

できるだけ早くここに来てください。

 

3.I think she has gone somewhere.  

彼女はどこかに行ったと思います。

 

4.During the summer vacations, I didn’t go anywhere.  

夏休み、どこにも行かなかった。

 

5.I had worked abroad a couple of times.  

数回、海外で働いていた。

 

6.I had studied overseas for more than 1 year.

1年以上海外に留学しました。

 

7.I just came upstairs, but I forgot why I came here.

ちょうど今上に上がってきたけど、ここに何をしにきたのか忘れた。

 

8.She went downtown for shopping alone.

彼女は一人で買い物しに町に出かけた。

 

9.Just turn left, then you will see the shop.

ちょうど左に曲がると、その店が見えますよ。