英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人生】あなたのモットーは何ですか?(2)

以前も書いたことがある「モットー」についてですが、更に書かせていただきます。

 

※是非、過去の記事↓↓↓も御覧くださいませ

🌸【人生】あなたのモットーは?

 

私は主に2つの「モットー」を大事にしています。皆様にもご参考になれば嬉しいです。

◆Tomorrow is another day.(明日は明日の風が吹く)

私は時々、やって後悔したこと、やらなくて後悔したことなど深く考え込み、自分のミスに落ち込むことがあります。

Sometimes, I’d feel depressed about my mistakes mulling over the things I’ve regretted and things that I didn’t do.

 

どうもそのことに拘ってしまい、何時間も考えてしまいます。もちろんそれらは「過去の自分」がやったことで、どうすることもできないことを考えたって仕方がないのですが。

I spend a lot of time to fixate on those ideas and things. I know that was “the past me” who did those things, and that I shouldn’t focus on things I can’t do anything about anymore.

 

注目すべきは過去のことではなく、「これから」のこと、自身の目標、そして人生における次のステップなんですよね。

I should focus on the future, my goals, and the next steps in my life.

 

このように、後悔することや失敗したことで一杯になった時はいつも、このモットーを思い出すようにしています。前に進まなくちゃ!

Thus, whenever I start focusing on regret and failures, I try to go back to this motto to move forward!

 

 

◆”Everything happens for a reason.”(すべてのことに意味がある)

仕事でもプライベートでも人はミスするものですね。

Everyone makes mistakes, at work or in private life.

 

もちろん私も沢山ミスします。そしてミスをしてしまうとどうもダラダラ考えてしまいます。しかしながら毎回、何が問題かとその解決法に気づきます。もちろん将来起こっても対処できる対策もです。

I have a lot of mistakes as well and whenever I have them, I would spend a lot of time thinking about these mistakes, however every time I realized the problem and also found a solution or a method to deal with them in the future.

 

ですから、些細なミスで済んで良かったと思っています。というのは、将来ひょっとしたらもっと大きなミスや重大な損失になったかもしれないことを、これらの些細なミスが事前に教えてくれたかもしれないからなんです。

So, I realize that I was lucky to be able to experience those things as they probably helped me avoid bigger issues that could seriously damage me in the future.

 

起こることすべてに、意味があるんです!

Everything happens for a reason!

 

~単語~

・mull over:~について熟考する、よく考える(=contemplate, dwell on, ponder, think overなどと同じ意味です)

・spend (a lot of ) time :~に(たくさんの)時間を割く、時間を使う、時間を費やす

— spend a lot of timeの例文–

※後に続く単語は、いろいろ使えます。

・spend ( a lot of ) time on+名詞・動名詞

例)He spent a lot of time on the preparation. 彼はその準備に多くの時間を費やした。

例)I already spent a lot of time on fixing this problem.この問題に対処するのに多くの時間を費やした。

・spend ( a lot of ) time to+不定詞

例)I spent a lot of time to fix this problem. この問題に対処するのに多くの時間を費やした。

・spend ( a lot of ) time +動名詞

例)I already spent a lot of time fixing this problem.この問題に対処するのに多くの時間を費やした。

・spend ( a lot of ) time for+動名詞

例)I already spent a lot of time for fixing this problem.この問題に対処するのに多くの時間を費やした。

・fixate on:~に拘る、~に固執する、~に執着する

–ポイント(fixateについて)–

fixateは自動詞なので、何に拘るか、固執するかを伝えるときは、目的語をそのまま使うことができませんので、前置詞「on」を付けて、fixate on details(詳細にこだわる)とかfixate on career(経歴にこだわる)というように使います。

もう一つ、形容詞fixatedがあり、拘っている、執着している状態を表します。

ですから、be fixated on, get fixated on, become fixated onと形は異なりますが、「~に拘る」「~に執着する」という表現ができます。

例えば

【fixate-自動詞の過去形】she fixated on her previous career.

【fixated-形容詞】she got fixated on her previous career.

この二つは、文法が違いますが(自動詞と形容詞)、彼女は過去の経歴に執着していたというニュアンスは同じです。

・the past me:過去の私

※「今の私は・・・」「その時の私は・・・」の言い方についてご興味ある方は、

下記のサイトをご参考にしてくださいね♪

🌸「今の私」「その時の私」「未来の私」ってなんて言う? | English & Chinese Lab (english-chinese-lab.com)