英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人生】「すべて」を頑張る必要は・・・ありません。(※自分と向き合う・・・とは)

人生って上手くいかないですよね。

Our lives are not easy.

 

いくら健康で人生を楽しんでいても、精神的に疲れてしまう時もあるでしょう。それは働き過ぎたり、自分自身を限界まで追い込んだり、または無理に何かをしたからかもしれません。

Even though we are healthy and enjoying the time of our lives, there might come a time when we feel mentally burned out. This is because we might have been working too hard, pushing ourselves to the limits or forcing ourselves to do something.

 

もちろん、時には限界をこえて働かないといけないこともありますが。

Of course, I know that there are things which push us to work beyond our limits.

 

「何かを行う」ことについて、3つの状況についてお話します。

There are three situations when we do something.

 

1つ目は、目標を達成するため、必ずやらないといけないということです。

First, in order to achieve our goals, there are things we must do.

 

2つ目は、一生懸命やらないといけないとは言え、“やるべきこと”と、“やる必要がないこと”を見極めることです。

Second, it’s better to work too hard, but we have to see what we have to do and what we shouldn’t do.

 

3つ目は、やるほどの価値がないか、或いは正しいことではないことに、無理にやる必要はないことです。

The last one is, we need not force ourselves because it isn’t worthwhile, or because it isn’t the right thing to do.

 

私がここで強調したいことは、一生懸命取り組まないといけないか、それとも徹底的に避けるかの正しい判断をしないといけないということです。

Here, what I want to stress is that we have to make the right decision whether to work too hard or avoid it completely. 

 

これが成熟した大人の対応です。

This is how very mature people handle such situations.

 

つまり、無理やり一生懸命働くこと(=何かすること)は必ずしも常に良いとは限りません。というのは、単に邪魔になるだけのことだって、あるのですから。

Meaning, it is not always beneficial to force ourselves to work too hard every time because there are some things that are merely a nuisance.

 

例えば、自分を犠牲にして、頑張って彼氏に尽くしているあなた、その彼が頑張る必要のないダメ男ということはないですか?

For example, sacrificing yourself in loving service to your boyfriend you do, but is he really worth it? Isn’t he just a hopeless bad guy?

 

例えば、徹夜しながらでも作業しているその仕事、本当にあなたがやるべきことですか?

For example, working through the nights you have been, but is this really what you have to do by yourself?

 

よく、「自分と向き合う」という言葉を聞きます。正直、意味が分かりませんでした。物理的には自分と向き合うことなんてできないです。ですから比ゆ的な方法なんですよね。でも、「それをして、どうするの?どうなるの?」まで理解できませんでした。抽象的に言うと、自分を鏡で見る・・・でしょうか。

People often say that we should “face ourselves”, and I’ve always wondered, what does it even mean? It’s physically impossible so this must be a metaphor.  Although to tell the truth, I can’t perfectly understand what it’s for and when it can be applied. I think this is similar to the figurative meaning of looking at yourself in a mirror.

 

わたしなりに考えましたら、「自分の生活、生活習慣を見直す」という意味ではないかと思います。

「自分に正直になる」とも訳せますが、正直になったところで、物事が解決するとは限りません。

Upon contemplating on this proverb, it occurred to me that it might mean to reconsider our way of living and lifestyle choices. This can be translated into, “Be honest with yourself / get to know the real me or lay your cards on the table.” But being honest doesn’t always solve all problems.

 

自分の生活が乱れたとき、心が乱れやすくなります。すると、正しい判断ができなくなったり、やる気がない日々が続いたり、自分の人生・・・マイナスに傾きかけます。

If you are not living a proper lifestyle or is constantly bothered by something, this may lead to a mental problem, resulting to your inability to make the right decisions. If a bad lifestyle recurs, it also causes a lingering feeling of demotivation. This will eventually have a negative impact on your life.

 

よく寝て、よく食べて、よく働く・・・はとても基礎的なことですが、それだけじゃないんですよね。とても大事なことは、何時に寝て何時に起きて、何を食べて、どのように働いて、いかに自分の時間を楽しむか・・・なんです。

Sleeping, eating and working well are all very basic. But when you go to bed and get up, what you eat, how you work and enjoy your time are ultimately the most important factors.

 

もし「人生、上手くいかないなぁ・・・」とか「精神的に疲れた・・・」なんて思うことがあれば、少し(頑張ることから)立ち止まってみて、自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

 If you’re thinking, “My life isn’t going smoothly” or “I feel mentally burned out”, then take a step back, evaluate and assess your lifestyle.

 

きっと、探している答えが見つかるはずですよ。

You might find the answer you’re looking for.

 

~単語~

・there comes a time when…: ・・・する時が来る

・burn out: 疲れ果てる、燃え尽きる

~「疲れる」の言い方あれこれ~

よく習うのが「I’m tired」で、形としては「tire」(疲れさせる)の過去分詞「tired」が、そのまま形容詞として使われていますね。

 

英語にはさまざまなバリエーションがありますが、

基本形は、すべて「主語+be動詞+過去分詞(形容詞)」です。

 

まずは“burned out”の類語から、ご紹介します。

 

◆「精神的にも肉体的にも疲れる」というニュアンスです。

・I’m worn out. ※身も心も擦り切れた、という感じです。

・I’m burned out. ※身も心も燃え尽きた、という感じです。

 

◆よく使う「とても疲れた」の言い方です。

・I’m very tired.

・I’m exhausted.

・I’m weary.

・ I’m fatigued. 

もっとカジュアルな言い方でしたら、

・I’m beat. ※「めちゃくちゃ疲れた~」とか「もうヘトヘトだよ~」のような感じです。

・I’m bushed.  ※同上で、よく使われるスラングのようです。

 

◆すべてのエネルギーを使い果たして、もう立てないぐらいヘトヘト、疲労困憊の様子の言い方です。

・I’m wiped out.

・I’m drained.

・I’m run down.

・I’m on my last leg. 

・push~to the limit: 限界に達する

・beyond our limits / beyond the limit: 限界を超えて

・worthwhile 【wə́ːrðhwáil】形容詞:(時間と労力をかけるだけの)価値がある 

— worthwhile? worth? —

どちらも「価値がある」という形容詞ですが、意味が少々異なります。

◆Worth【wə́ːrθ 】形容詞:~の値打ちがある、(金銭的な)価値がある

例文:This book is worth 50 USD.(この本は、50ドルの価値がある)※金銭的な価値

 

◆Worthwhile【 wə́ːrðhwáil】形容詞:(時間と労力をかけるだけの)価値がある

例文:This book is worthwhile. (この本は、時間を費やして読むだけの価値がある)

・beneficial【bènəfíʃəl】形容詞 :~のためになって、有益である

・merely【míɚli】副詞:単に~に過ぎない

・nuisance 【n(j)úːsns】可算名詞:やっかいなもの、不快なもの、妨害など

・metaphor【méṭəf`ɔɚ】可算名詞:比ゆ、比ゆ表現

・figurative【fíɡjurətiv】形容詞:抽象的な、比ゆ的な

・the real me:本当の私

–「今の私」とか「その時の私」「未来の私」ってなんて言う?–
例えば、「今の私は、もう昔の私じゃない」とか「その時の私はどうかしてた・・・」とか普段からよく言いませんか?英語でも表現があります!

◆今の私   : ”the current me”, “the present me”, ”the now me”
◆過去の私  : ”the past me”
◆その時の私 : “the then me”

※形はthe + real, current, pastなどの形容詞+代名詞の目的格(me, her, himなど)

 

詳しくは、下記のページもどうぞ!

サイト:🌸「今の私」「その時の私」「未来の私」ってなんて言う? | English & Chinese Lab (english-chinese-lab.com)

・lingering【ˈlɪŋ.ɡɚ.ɪŋ】形容詞:なかなか消えない、後に残るなど

–lingeringの例文–

意味は、「last for a long time」と同じニュアンスです。

・I’m really fed up with this long lasting heart break depression.
=I’m really fed up with this lingering heart break depression.

(失恋の落ち込みがなかなか消えなくて(=ずっと続き)本当に疲れたよ)

 

・A lingering migraine has been distressing me.

(ずっと続く偏頭痛に苦しむ)

・take a step back:一歩退く、一歩離れる、一歩譲るなど