英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【仕事】二度あることは三度ある

( It never rains but it pours.)

 

ミスする時の感じ方や反応は、人はそれぞれ違うものです。ある人は気にしないでしょうし、ある人はものすごく気にして二度と同じミスは繰り返さないぞ!と誓うかもしれません。

When we make mistakes, each person feels and reacts differently. Some people just shake it off, while others take it seriously and swear not to repeat the same mistakes again.

 

日本のことわざに、「二度あることは三度ある」とか「三度目の正直」があります。これらも、人はミスするものだと表現できますね。最初のことわざは、2度ミスするということは、3度目も起こす可能性があるということを指し、これが私たちの人間性の一つでもあるでしょう。

It reminded me of the Japanese saying that goes “What happens twice will happen thrice” and “Three times’ a charm.” These sayings describe that mistakes are inevitable to humans. The former illustrates that if mistakes happen again, it is highly likely that it will still happen the third time.

 

「三度目の正直」は、1度目や2度目は失敗したけれど、3度目はうまくいく、成功するという諺です。みなさんにとってミスすることはよくあることで、あたりまえということですね。もちろん、私にも言えることですが。

“Three time’s a charm” is used to say that two efforts at something have already failed but perhaps the third will be successful. So, when we make mistakes for the first and second time, there is hope that the third attempt will result differently, and that’s part of our humanity. It’s natural for everyone, me included.

 

通常、人は日々の生活でもケアレスミスをしますね。もちろん、小さなミスは生活に大きな影響は与えないでしょうが、それが積み重なると、そして繰り返されると、たとえどんなに小さなものでも、あなたに失望するぐらいの大きさにもなりますし、結果的に信用を失うことにもなるでしょう。

Generally speaking, people make a lot of trivial mistakes in our day- to-day lives. Of course, single mistakes don’t influence your life drastically. But when accumulated, these repeated mistakes, no matter how trivial, has the power to cause people to feel disappointed towards you, and eventually lose their trust.

 

職場について言えば、このような(ミスを繰り返す)人を対処するには、同じミスを繰り返さないためにもいつでも連絡が取れるようにしておくことですね。よくコミュニケーションをとることでなぜ同じミスを繰り返すのか考えるきっかけになるかもしれませんし、どのように改善するか見つけるきっかけにもなるかもしれません。

With regards to workplace issues, when dealing with these types of people, it is important to keep communication lines open in order to avoid repeating the same mistakes again. Open communication allows them also to contemplate on why the same mistakes happened again,  and might help them realize what and how to improve.

 

例えば、「忙しすぎたから・・・」とか「ちょっとうっかりしてただけ・・」なんて言うのは本当の原因にはなりません。これらは根本原因に単にちょっとかぶっているだけです。潜在的に潜んでいる原因があるはずです。ですから大事なことはこれらの潜在的原因を見つけ出すことです。

Reasons such as “I was too busy”, or “just slipped my mind to do that…”, are not the root causes. They merely branched out from the root cause. Potentially, there might be a deeper cause. So, what matters is to find these root causes.

 

やはり「人はミスはするものだ」と自覚し、覚えておくことも大事でしょう。自身に注意喚起するような意味です。同じ過ちを繰り返さないために。

Although making mistakes is very normal, we should constantly keep in mind that we might make mistakes. This is in order for us to have an alert mindset, focused on preventing ourselves from repeating the same mistakes over and over again.

 

ミスしてしまったら、その問題を対処しないといけませんし、中には後悔することになり、否定的な感情を受け止めていくことになりますから・・・

By doing so, we have to deal with these problems, which may lead us to regretting our mistakes and coping with the negative emotions that come along with it.

 

~単語~

・Shake it off—:気にしない(=don’t worry about itと同じ使い方です)

— shake it offについて–

不快なものや不要なものを取り除くという意味から、「気にしないでいる」という意味で使われるようです。

「shake」は振り払う、上下に振る等の意味があり、自分から取り除くという意味です。

 

・I got a TOEIC score much lower than I expected and I couldn’t shake it off.

TOEICのテスト、予想していた点数よりかなり低かったので、引きずってしまった。

(※気にしないができない=引きずる、気にする、という意味になります)

 

・Whenever I make mistakes in sending an e-mail, no matter how trivial it is, I could never shake it off.

メールを誤送信するといつも、どんなに些細なミスでも気にしてしまう。

・thrice:3回(= “three times ”と同じ意味です)

「One time」=once

「two times」=twice

「three times」=thrice です。

・day-to-day【形容詞】:日々の

・keep communication lines open:いつでも連絡を受けられるようにしておく

・root cause:根本的な原因、根本原因

・deal with:~に対応する、~を対処する

※難しい問題や状況を解決するため取り組むことで、キーワードは「行動して問題を対処する」です。

・cope with:(辛い感情を)受け止めるなど感情面で対応する

※精神的につらい状況を受け入れて、普通の生活が始まるよう立ち向かう、感情面での対応ですが、この場合、deal withと言い換えができます。