英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人生】人と比べることって、悪いこと?

 Why we shouldn’t compare ourselves with others?

 

よく「人と比べてはいけない」と言いますよね。他人は他人、自分の人生は自分のものだと。

A lot of people would say that it is not right to compare ourselves with others. Our lives are ours to live, regardless of what others are going through.

 

でも私個人的には、そう思いません。時には他人と比べることも必要なんじゃないかと。

But I personally do not think so. I believe that sometimes, it is necessary to compare ourselves with others. 

 

そうすることで得るものもあるからです。

他人と比べると、自分が何に勝っているのか、逆に何に劣っているのか、わかることだってあります。

It might be beneficial for us in so many ways.

We might be able to learn what our good and bad habits are in reference with others’.

 

それに、これって自己実現や自分磨きのための機会を切り開くことでもあるんです。

Also, comparing ourselves with others might open opportunities for self-realization and self-improvement.

 

とはいえ、悪影響も無いわけではないですね。

他人と比べると、悲観的になったり、嫉妬してしまったり、自己否定してしまったり・・・もっと悪い場合は足を引っ張って蹴落とそうとしたり・・・

On the other hand, there might be some negative effects such as being pessimistic, feeling jealousy and self-pity, and in the worst case, dragging the other person down in order for us to level with them.

 

さらに、自分より劣っている人を、「私/僕 ほど出来ないじゃないか!」なんて見下す傾向もあったりします。

Moreover, there is also a tendency to look down on someone after our comparison and think that they aren’t too good for our level.

 

要するに、誰かと比較することって必ずしも悪いことではないのですが、比べた後のその人に対する態度によるのです。

But the bottom line is, comparing with someone doesn’t always mean negatively.

It still depends on our attitude in dealing with the comparison.

 

比較した人にも敬意を払い、成長させてもらったり学ばせてもらうきっかけ(足掛かり)と、前向きに考えさえすればいいと思いますよ。

As long as we respect that person whom we compare ourselves with, think of it as a stepping stone for growth and learning, it will end up positively.

 

例えていうなら、私たちの人生って山登りに似てませんか。

さっさと登る人もいれば、ゆっくり登っていく人もいるでしょう。

でもみんなに共通していることは、「同じ目標がある(=登山)」ということです。

Similarly, our life can be compared to climbing.

Someone can climb very fast, while others do very slowly. But everyone has the same end point.

 

もし比べることで負の感情が生じるなら、その感情を目標達成への前向きなパワーに変えれば良いのではないでしょうか。

As long as we refocus our negative power of comparing with someone to get a goal, we’ll be fine.

 

~ポイント~

【“Compare with” ? “compare to”?】

何回聞いても、迷いませんか?どっちが「比べる」?で、どっちが「例える」?って。

 

【compare with】は「比べる」

【compare to】は「例える」

と見ても、次の日は忘れています。だから、“with”と”to”の前置詞を理解した方が早いです。

 

“with”は“I’ll go with you”などのように「一緒に、伴う」という意味があるので、

“compare A with B”このAとBを一緒に考える⇒比べると考えてはいかがですか?

 

とすると、“compare A to B”は、AをBに例える、となりますね。

 

では、例文を参考にしてくださいね。

1. We shouldn’t compare ourselves with others.

    他人と比べるべきではない

 

2. I would compare my life to a roller coaster ride. Exciting, scary, fun, sometimes I’m up, sometimes I’m down.

   私の人生は、例えるとジェットコースターに乗っているよう。わくわくしたり、恐れたり、楽しかったり。(ジェットコースターのように)上がったり、下がったり。

 

~単語~

・open opportunity for someone to: (人)が~する機会[チャンス]を(切り) 開く

・self-realization:自己実現

・self-improvement:自己改善、自分磨き

・self-pity: 自己否定、自己嫌悪など

・drag  (someone) down: (~の)足を引っ張る

・the bottom line: 結論、肝心な点など

・a stepping stone: 足掛かり、踏み石などの他に、「成功のもと」という意味もあります!

(有名な言葉:Every failure is a stepping stone to success/失敗は成功のもと)