英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人間関係】人付き合いは、言いたいことも6分目

(Relationship must be based on 60% communication)

 

よく「あなたのために言うけど」とか「あなたとは何でも言える仲だから言うけど」って前置きがあって、言いたいことをいう人がいませんか?これって、どうかな。

Some people tend to start from saying something like “I’m saying this because I care about you very much” or “we have open communication, So, I’m saying this” etc. But, what do you think about these people?

 

たとえ家族でも親友でも夫婦でも、「言いたいことが言える仲」というのは違うと思う。「気遣い」「気配り」も必要なこと。なぜなら、人はみな個々、違うんだから。

I think, even among families, best friends, or married couples, “feel free to talk about everything” doesn’t always apply. No matter how close the relationships are, “consideration” and “mindfulness” are, of course, very important. It is mainly because every person is different.

 

親が「子供のためを思って・・・」って言いたいことを言ったとしても、自分のためだってある。

Even if parents say something out of care and concern for their children, sometimes it may be about themselves.

 

恋人や友達ならなおさら。

All the more among couples and friends.

 

人付き合いは家族でも友達でも恋人であっても、60%程度がちょうどいい。言いたいことが10個あったとしたら、その中の6個ぐらいでいい。4個ぐらいは心にしまいましょ。

Whether it be family, friends or couples, appropriate communication should be at 60%. Meaning, if you have 10 things you want to say, you must not say 10 out of 10, but just withhold some and voice out only 6 out of 10.

 

「礼儀」は他人のためだけにあるものではなくて、むしろ、友達や愛する人間に示すことの方がもっと大事かもしれない。

Politeness is not only for strangers. More importantly, it should be manifested among friends and loved ones.

 

「言ってはいけないことは、言わない」という行為も、礼儀でありエチケットでもある。

Politeness and good manners include “must not say to them” attitude.

 

もちろん、「気軽に話せる」ということは良いかもしれない。でも時には、「これは、言わない方がいい」ということもあるよね? 

Although being frank has its advantages, sometimes, there are times when we must not say what we think we shouldn’t say. 

 

「相手が嫌がることは、やらない」とか「相手が聞きたくないことは、言わない」といったような、ちょっとした「やらない」自制も、思いやりというもの。ここから、お互い信頼や尊敬できる関係を築けるものだと思う。

Thoughtful consideration is demonstrated by simple acts of self-restraint such as not doing what our loved ones hate or not saying things they don’t want to hear. These “don’t do” behaviors lead to building a good relationship of trust and respect.

 

~単語~

・open communication:何でも言い合える会話、心を開いた会話など

・out of:①~のため、②ある数の中から

①(原因)~のため、~から:

(上記エッセイから抜粋)Even if parents say something out of care and concern for their children.

親が「子供を思って(=子供のため)」って言いたいことを言ったとしても、自分のためだってある。

 

②ある数の中から:

(上記エッセイから抜粋)if you have 10 things you want to say, you must not say 10 out of 10.

言いたいことが10個あったとしたら、10個のうち(の中から)6個ぐらいでいい。

 

※詳しくは、下記ページもどうぞご覧くださいね。

サイト:【単語】[out of] の使い方あれこれ  | English & Chinese Lab (english-chinese-lab.com)

・all the more:なおさら、ますます~

・whether it be A, B or C:Aであれ、Bであれ、Cであれ

・withhold【wɪθhóʊld】他動詞:与えないでおく、差し控えるなど

・voice out: 言いたいことを発する、言う、意見を述べる

~“withhold”と“voice out”は対照的です~

“withhold”は「差し控える=止めておく」に対して、”voice out”は「出す、発する」なので対照的ですね。

 

このように使うこともできます。

例文:

He and I are opposites. For example, he often voices out his thoughts, but I, on the other hand, usually withhold most of my thoughts.

彼と私は正反対です。例えば、彼は自分の考えをよく発しますが、私はと言うと逆にほとんど抑えます(考えを言いたい気持ちを抑えるというニュアンスにも近いですね)

・manifest 【mǽnəfèst】他動詞: 〔~を〕明らかにする、感情を表す等

・self-restraint:自制、セルフコントロール、

— 副詞onlyとjustの言い換え、justの使い方–

上記エッセイ中にある「Politeness is not only for strangers」(「礼儀」は他人のためだけにあるものではない)を引用しますが、

ここを “Politeness is not just for strangers”とも言い換えることができます。

justにもonlyと同じ、「~だけ」という意味があるからです。

 

しかし、「just」は他にもいろいろ意味がありますので、少しjustの他の意味を紹介します。日本語で覚えるより、英語の類義語を参考にする方が分かりやすいかもしれません。

 

1.副詞:まさに、ちょうど

=【類語】exactly, precisely, absolutely, completely, totally, entirely

例文:that’s just what I need. それはまさに必要としているものです。

 

2. 副詞:たった今~したばかり

=【類語】very recently, a moment ago, a second ago, a short time ago, not long ago

例文:I’ve just seen the local paper. たった今新聞を読んだばかりです。

※過去形、完了形とともに使われます。

 

3. 副詞:~だけ、単に~

=【類語】only, merely, simply, nothing but, no more than, at best, at most

例文:They were just interested in making money. 彼らはお金儲けだけ興味がある。

 

4. 副詞:本当に

=【類語】really, absolutely, completely, entirely, totally

例文:They’re just great” 彼らは本当にすごい。

 

5. 副詞:口語的で、同意の意味で使われ、「まったくだよ」、「本当だよ」、「その通りだ」のようなニュアンスで使われます。

例文:“Simon really messed things up.” “Didn’t he just?”

「サイモンのせいで、台無しだよ」「本当に!」

※例文は全文から「Didn’t he just?」ですが、会話の内容によっては

Isn’t it just?

Aren’t they just?

Didn’t she just?

などのように使います。