英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人間関係】他人を受け入れる・・・ということ

世の中には他人にいつも親切な人っていますよね。そんなに仲良くない人に対しても・・・です。

I’ve always wondered why some people are always available for others, not only for themselves but even for those whom they aren’t close with.

 

私の同僚がそうなんですが、いつも進んで誰かの世話をします。あ、もちろん私に対してもです!

One such person is my colleague. She always seems to be caring for others, this is true with me too!

 

でも・・・私は“親切とは何か”を彼女から学びましたよ。

Later I learned that this is what they call “an accommodating person”. I learned what “accommodating” is from her.

 

親切な人と言うのはおそらく、広い心を持っていることだと。そしてこの“accommodating(親切だ)”という言葉は、“accommodate(収容する)”とういう動詞から来ています。

I guess people who are accommodating have big hearts. Of course, this word comes from the verb accommodate.

 

“accommodate”は、誰かに部屋や寝る場所を提供するという意味ですが、その他“適応する”という意味もあります。

To accommodate means to provide somebody with a room or a place to sleep. It also means to be adaptable or to adjust.

 

私が思う「親切な人」というのは、誰かを助けたり、理解してあげたりですが、もっと言うと「受け入れてあげる人」のことだと。

I think accommodating people can provide somebody with help and understanding, moreover  acceptance.

 

私はかつて真逆の人でした。自分と異なる人や価値観が違う人に対してよく腹が立ったりしていました・・・・ですからそういう人を理解できなかったし、ましてや助けるなんて好ましく思いませんでした。

I used to be an unaccommodating person. It was easy for me to get mad when I met people who were different from me or had different values. So, I didn’t even try to understand them, so of course there’s no way I could accommodate them willingly.

 

最も私に欠けていたのは、「他人と自分は違う」ということを受け入れる能力でした。親切な人は、すべての人を受け入れることができると思います。すべての人を理解しなくても、こういう人だということを「受け入れる」ことでしょう。

Then, I understand that what I lack was the ability to accept that people are different from each other and that an accommodating person is someone who might not understand everyone but is able to accept them. 

 

私たちももっと他人に対して親切になったほうが(=他人を受け入れる、という意味で)、ストレスが減るのではないかと思うようになりました。そのほうがもっと生きやすくなるかもしれませんね。

In the end, I realized the if we become more accommodating, it would become less stressful for us too. So, for my own sake and for yours too why don’t we all become more accommodating and maybe just maybe we’ll live more comfortably than now.

 

ところで、価値観や考え方がまったく異なる人を努力して受け入れようとしても、彼らの行いに凄くイライラして、無理!と思うこともあります。こういう場合、「彼らを受け入れる」ということが必要ではなく、この人間関係においては「距離を置く」「距離を取る」ことが良い方法だと思います。つまり、「この人達とは仲良くできない・・・という事実は受け入れる」ことですね。ただそれだけのことです。

One more thing…even though I try my best to accept even those who are totally different from me in terms of values  or way of thinking, some of their behavior may seriously annoy me. I think accepting these people is not necessary and keeping a safe distance is the best way to deal with it. This implies that I’m accepting the fact that I cannot be together with them in the same room, and that’s all it will be.

 

~ポイント~

今回は“accommodate”が主役ですね。

・accommodating【 əkɑ́mədèitiŋ 】形容詞:親切な、融通の利く

・accommodate 【əkɑ́mədèit 】他動詞:宿泊させる、収容する以外に、「適応する、合わせる(※adjustと言い換えが可能)」「必要なものを提供する(※helpと言い換えが可能)」という意味があります。

例文

・ She always accommodates(=helps) anyone who needs help.

彼女は助けが必要な人をいつも助けます。

・I accommodate (=helps) people with disabilities.

私は障害を持っている人を助けます。

・I try to accommodate (=adjust) to the new environment.

私は新しい環境に適応するよう頑張ります。