英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人生】心が折れた時の立ち直り方

どんなに準備しても、上手くいかなさすぎる時はあったし、どんなに考えて行動しても、勇気を出して言ってみても、人間関係がこじれすぎる時はあったし 、どんなに頑張っても、資格試験に落ちる時もあった。

No matter how much I prepared for things in advance, there were still some things that didn’t go well. Regardless of how much contemplation I did, and courage I took to say and do things, there were still times when relationships went haywire. When taking a test for instance, despite all the efforts I put into studying, there were still some exams which I couldn’t pass.

 

そして、私の心が折れた。

Then, my heart got broken.  

 

頭の中で「どうして?」を繰り返した。

The question “Why?” kept running in my head.

 

「なぜこんな結果になったの?」「なぜ私ばっかり?」「もう・・・疲れた」「もう、嫌だ」。

毒がいっぱい心に出てきた。

“Why did I get such a bullshit result?”, “Why me?”, “I’m already tired…” or “I’m so fed up with everything”.

A lot of poisons overloaded in my heart.

 

そんな時、一番必要なのは、問題の解決策を見つけるより、まず自分の折れた心から、そんな毒素を排出することだ。

Then I came to realize that the most important thing is not finding the best solutions and answers to these questions. Instead, trying to detox and purify my poisoned heart works much better.

 

毒素を含んだままじゃ、上手くいくはずがない。

I can’t do anything with a contaminated heart. It affects all of me.

 

自分で決めた道なのに弱音だって吐いた。悔しくて、哀しくて、辛い時は、泣いた。

ぼーーーっとしてみた。

Sometimes, I made complaints to myself or my friends, even though everything was purely my decision. Sometimes I cried because I felt regretful and sad. Sometimes, I zoned out.

 

そうすると、毒素を吐ききった時、また前に進むためのエネルギーが沸いていた!

Then, when I detoxed and cleansed it completely, I began to feel empowered in order to move forward again!

 

「もう一回頑張るぞ!」「次こそは、やり方を変えよう」「待ってろ!未来の私。絶対解決してやる!」

This brings me to talk to myself and say “I’ll try again!”, “I’ll change my ways next time”, and “Just wait, the future me. I’ll definitely solve this problem!”

 

何回心が折れても、何回でも立ち直れる。

Even though I lose my heart many times, I know I’ll get over it again and again.

 

自然に立ち直れる人もいるかもしれないけれど、私は自然には立ち直れないから、泣いて泣いて、弱音も吐いて。落ち込むところまで落ち込んでみる。

People have different healing processes. There might be some who get over naturally, while others need help from internal and external forces. I’m more of the latter. I might cry and cry, complain to myself or friends. Once I start feeling down, I feel completely down and it tends to spiral downward, until I find a way to release it.

 

今日だって、落ち込むところまで落ちこんだ。泣いてすっきりした。そして自分に言った。

「明日は明日の風が吹く。自分に負けるな!」

Today, I lost my will and felt completely down. Then I cried all my tears and started feeling better.

Then I remind myself, “Tomorrow is another day, don’t lose over yourself.”

 

~単語~

・prepare for~: ~に向けて準備する

— prepareの使い方3つ–

◆自動詞(S + prepare): ~に向けて準備する
 ※「何の準備か」を伝える時、”for the trip” “for the exam”などのように、接続詞forを用います。

◆他動詞(S + prepare +※必ず目的語): ~を準備する

 ※具体的なもの、例えば・・・旅行のためにカバンを用意した、試験のために鉛筆を準備した、など、具体的に準備する・準備したものを伝えます。

◆自動詞の受動型(S+be+prepared):準備ができている、用意ができている

自動詞ですが受動態バージョンです。これは、「 I’m ready」と同じ意味で、「会議に参加する準備が出来ている」”I’m ready to attend the meeting”と同じ意味です。

 

詳しくは、下記のページもご覧くださいね

サイト:【単語】prepare, prepare for, be prepared の違い | English & Chinese Lab (english-chinese-lab.com)

・ go haywire【heɪ.waɪɚ】:手に負えなくなる

・get broken:壊れる

・心が折れる「my heart got broken」の類語:

「dishearten【他動詞】落胆させる」を使って、「It disheartens me」と言うこともできます。

・overload【òuvərlóud】他動詞:~に過負荷をかける、荷物など載せすぎる

–overloadの類語–

A lot of poisons overloaded in my heart.(毒がいっぱい心の中に出てきた)の別の表現は、

・A lot of poisons conquered my heart. (沢山の毒が私の心を制服した)

※conquer【ˈkɑŋkər】動詞:制服する

 

また、下記のようにも言うことができます

・A lot of poisons wrapped my heart. (沢山の毒が私の心を覆った)

※wrap 【ræp】動詞:覆う、包む

・make complaints to+人:~に弱音を吐く

他の言い方にwhine【hwaɪn】 (to+人)動詞:愚痴を言う、もあります。

・purely【pjˈʊɚli】副詞:まったく(=completely, totally, 100%)

例文:

What he said was purely wrong.

(彼が言ったことは、完全に間違っていた。)

・zone out:ぼーっとする

~「ぼーっとする」の別の表現~

◆daydream【déɪdrìːm】(名詞:空想、夢想), (自動詞:空想にふける、ぼーっとする):

例文)When I was too shocked to hear something, I had a daydream for a while/or I daydreamed.

(何かを聞いてとてもショックを受けた時、しばらくぼーっとした。)

 

◆space out(動詞):

例文)When she was talking to me, the topic was not so interesting that I was spacing out.

(彼女が話している間、内容があまり面白くなかったので、私もぼーっとしていた。)

 

◆(be) in a daze【déɪz】

例文)I don’t like a meeting held just after lunch. No matter when it is held, I might be in a daze.

(お昼の後の会議は好きではない。会議がある時はいつでも、ぼーっとしそうだ。)

 

~ポイント~

“This brings me to talk to myself and saying.”

この表現“bring 人+to do”は、(人が)~する気になる、という意味です。

例文:

・His idea brought me to look for the other job.

(彼の考えで私は他の仕事を探す気になった。)

 

~単語:「・・・の私」~

”The future me”とは、「未来の私」という意味ですが、似た表現が沢山あります。

◆今の私:”the current me”, “the present me”, ”the now me”

◆過去の私:”the past me”

◆その時の私:“the then me”

◆未来の私:“the future me”

 

例文:

・Whenever I faced problems, I learned from what the past me did.

(問題に直面した時はいつでも、過去の私が行ったことから学んだのよ。)

 

・The then me lost myself, that’s why I made a slip of the tongue.

(その時の私は自分を見失った。だからうっかり口を滑らせたのよ。)

・be more of:どちらかと言うと~だ、むしろ~だ等

・spiral downward(動詞):(らせん状に)急降下する、悪循環を生むなどの意味で使われます。

— spiral downwardについて–

動詞と名詞があります。

・spiral downward (動詞):(らせん状に)急降下する

例文:
1. How you live now shows spiraling downward.

※”spiraling downward”は、showの目的語なので、動名詞となり(spiral+ing downward)直訳は「急降下すること」となります。

(あなたの今の生き方は、急降下を表していますよ)


2. The price has been spiraled downward.

(この価格は急に下落している)

 

・downward spiral (可算名詞):負のスパイラル

例文: Let’s stop the downward spiral!

(その負のスパイラルを止めましょうよ!)

 

先生に反対語があるのか(”it spirals upwards”と言うのか)聞いてみたら、

無いそうです!