英語

ホーム>英語>単 語
単 語

🌸【単語】「残りの~」は”The remaining”?それとも”The rest of~”?

◆“The remaining”は、残りの量が明らかな場合、より使われます。

(※2つ以上の事柄が好ましいです。

A, B, and the remaining Cのような形です)

 

◆“The rest of”は、残りの量が不明な場合、より使われます。

 

比較:
1. I’ve read twenty pages today, I’ll read the remaining thirty pages tomorrow.
(今日20ページ読んだ。明日は残りの30ページを読もうっと。)
→残りのページ数が明確
2. I’ve read twenty pages today, I’ll read the rest of the pages tomorrow.
(今日20ページ読んだ。明日残りのページ(※何ページか不明)読もうっと。)
→残りのページ数が不明

 

例文:

1. It is said that 20% of the ants work really hard for the queen ant, 60% work OK, but the remaining 20% of the ants don’t work at all.
(よく言われることですが、蟻の20%は女王蟻のために一生懸命働き、60%はそこそこ働くが、残りの20%はまったく働かないようです。)
2. There are eight staff members in this office. Four out of eight are in charge of General Affairs. Two are handling IT, and the remaining two are in charge of the Chinese Business.
(この事務所には従業員が8名います。8名のうち4人は総務で、2名はIT関係で、残りの2名は中国事業担当です。)
3. There were ten cars at the junction. Three out of ten took the right road. Some seemed to go straight and the rest of them went to the left.
(交差点に車が10台ありました。10台のうち3台は、右に曲がっていきました。何台かは直進して行ったように見え、残りの何台かは左に曲がっていきました。)
4. There were many candies in this box, so I took a handful for myself and gave the rest to my younger brother.

(箱の中に沢山キャンディーがあったので、片手いっぱい分を自分用に取り、残りを弟にあげた。)

 

2つの事柄について述べ、さらに残っている量が明確な場合、

“the remaining”よりは、代名詞“the others”とか形容詞“another”のような単語が使われるようです。

 

例文:

1.  I have ten good friends. 6 are female, and the others are male.

(私には友達が10人います。6人が女性で、その他は男性です)

 

2. As he had two notebooks, he gave me one. Actually, I preferred to get the other one instead..

(彼はノートを2冊持っていたので、1冊私にくれたのですが、(※気に入らないので)

それよりも別のノートが欲しかったな。)

 

◆“the other”, “another”, “others”の違いは、下記ページをクリックして、ご参照くださいね。

🌸【単語】the other? another? others???