英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人生】言わなきゃよかった、聞かなきゃよかった

学校でも会社でも、恋愛でも仕事でも、「言わなきゃよかったのに」とか「聞かなきゃよかった」って経験、誰しも沢山あると思います。

In schools or companies, whether it’s romance or work, there are many “I shouldn’t have said that” or “I shouldn’t have known that” experiences for everyone, aren’t there?

 

私も、良かれと思って言ったこと、我慢の限界がきてついつい言ってしまったこと、答えを期待して質問したことが悪い結果を招き、「聞かなきゃよかったなぁ」と後悔したこと、沢山あります。

I myself have too many. It happens sometimes even when I just tried to help and meant well or when I couldn’t help saying something because I couldn’t stand it anymore. Also, when there’s something I’m expected to know, but eventually led to bad results, it makes me regret even asking.

 

覆水盆に返らずです。

But as the saying goes, there is no use crying for spilled milk.

 

長年経験していると、「こんな時、どうしたらいいか」が見えてきます。

めったに会わない人なら、いつの間にか忘れるので「次からは気を付けよう」と思えばいいと。

As I have experienced such things for a long time, now I can see what I should do next or how to handle it smoothly. If I seldom see them, as time will let me forget what I said, I would just think to myself, “I won’t say something like that anymore”.

 

頻繁に会う人なら、すごく勇気がいるけど謝ります。

If I often see them, though it takes much courage, I’ll have to apologize to them.

 

謝っても解決しない場合も多々あるし、人間関係がこじれたままの場合もあります。

However, even though I apologized to them, there were many cases that I couldn’t solve these problems, or relationships didn’t go well.

 

そんな時は、「失言しなくても、いずれこの人とは人間関係が崩れる。崩れるのが少々早くなっただけのこと」だと思えばいい。

In such cases, I just think something like “Even though I didn’t make a slip of the tongue, sooner or later the relationship will get broken eventually. The timing of the breaking just moved up.”

 

聞きたくないことを聞いてしまって、自分の中で聞かなきゃよかったと後悔し、その人に対して不信感や距離を感じてしまったら。。。これも同じこと。早かれ遅かれ知ることかもしれません。

When I get to know something I shouldn’t have, I feel depressed. Insecurities within me arise and relationships around me start to fade. The same as above, I’m bound to know it at some point in the future, and there’s no escaping it.

 

いずれにしても、失言するきっかけになったこと、余計なことをきいてしまったことは、悪いことじゃない。その失言で相手を嫌いになったり、仲が悪くなったりするということは、いずれこの人間関係は続かなくなるのでしょう。

In any case, times when we made slips of the tongue or when we discovered something that brought upon feelings of regret are not always bad. On the downside, sometimes, such situations bring me to loathe someone, or lead to brokenness of a relationship. If slips of the tongue always push a relationship to the edge, it is bound to get broken eventually. With this, I can say that slips of the tongue or unwanted discoveries can drive a wedge in a relationship and bring forth goodbyes.

 

でも、大人の対応したり、学習する必要もあります。「この人と、この話題は喧嘩になる」とか「これを話したり聞くのは、失礼にあたる」など、分かってくることもありますよね。つまり言いたいことを飲み込む、ということです。

その人との関係が大事であれば、自身も気を付けなければいけないですね。

But, as part of a journey towards becoming mature individuals, we have to learn a life lesson. With these experiences, we get to know how to filter our thoughts and words. We learn to ponder and think to ourselves, “I shouldn’t talk about this topic with him.” or “This topic annoys him” before taking drastic action. We realize that as long as we want to cherish and maintain a smooth-sailing relationship with them, we have to be careful with what we say or ask.

 

結局のところ、そんなに知りたいこと、話したいことって、実は無いはずです。

自分の感情を左右するだけで、コミュニケーション自体、死んだら天国に持っていけるものでもないです。仮に天国にもっていきたいものがあるとすると「幸せな記憶」とかじゃないですかね。

To tell the truth, we humans don’t have so many things to talk about or ask. These things will just influence our feelings either positively or negatively. Communication itself can’t be brought to heaven when we die. Of course, what we want to bring with us to heaven when we die are happy memories, aren’t they?

 

~単語~

◆ mean well:良かれと思って行う、悪気はない等

例文:

1. I meant well, but it backfired on me.

(良かれと思ってやったことが、裏目に出た。)

 

2. Even if we mean well, sometimes, it doesn’t go well.

(良かれと思ってやることがうまく行かないこともたまにはあるよ。)

~単語の言い換え~

うまくいかない”don’t/doesn’t go well”以外に、“doesn’t do as planned”も同じ意味です。

・It doesn’t go well.

・It doesn’t do as planned.

 

3. Meaning well doesn’t always end positively. Sometimes, it fails. Sometimes, it annoys people.

(良かれともってやることが常にうまくいくとは限らないし、時には失敗する。時には人をいらだたせることもあるしね。)

 

~日本人は、長く書く傾向があります~

「人をいらだたせる」と言いたい時、

受け身で “It makes people annoyed.”と書きたくありませんか?

もちろん、この言い方は合っています。

 

ネイティブは、簡単に “It annoys people.”と言いがちです。

◆it takes courage:勇気がいる

◆make a slip of the tongue:失言する、口が滑る

※英語だと「舌が滑る」と言います。

 

~「口が滑る」「失言する」の別の言い方~

(1) put one’s foot in one’s mouth

※直訳は、足を口に入れる

 

(2) make a bad gaffe

※gaffe【gǽf】名詞:失敗、ヘマ

 

例文:

1. When you put your foot in your mouth, sometimes it will just end in regret.

(失言してしまう時、時には後悔先に立たずで終わることも時にはある

 

2. As he makes a bad gaffe, his boss doesn’t let him visit his customers.

(彼は失言するので、上司が彼に顧客訪問させない。)

 

3. The more I talk, the more I put my foot in my mouth.

(話せば話すほど、口が滑ってしまう。)

 

◆move up: 前進する、昇進する

◆be bound to ~: 必ず~する、きっと~する等

◆downside【dáunsàid】名詞:マイナス面、否定的側面、欠点など

◆brokenness 【brə́ukənnəs】:壊れていること、崩壊していることなど

◆drive a wedge in~:~にくさびを打ち込む=(比ゆ的)仲たがいさせる

◆bring forth:生み出す、生じる

◆drastic action: 思い切った行動

◆smooth-sailing: 順調、順風満帆

 

~おまけ:be careful in? with? about?~

“be careful+前置詞”の使い方に迷うことはありませんか?

いずれも「気を付ける」という意味ですが、簡単にポイントをご紹介しますね。

◆be careful in ~ing:~に気を付ける 

例)I ‘m always careful in typing. I have to be careful of typos.

  私はいつもタイピングに気を付けています。打ち間違いに気を付けなければなりません。

 

 

◆be careful +名詞:~に気を付ける 

例)Be careful Nancy, you might get into trouble.

 ナンシーに気を付けなよ。トラブルに巻き込まれるかもよ。
 

 

◆be careful about~:~に気を付ける

※“about”は主に“the”が続きます。

 

例)My secretary is so careful about the way she does her work that no one has so far found an error in her work.

私の秘書はとても慎重に仕事をするので(=気を付ける)ので、今のところ彼女のミスを見つけた人は一人もいない。

 

◆be careful of~:~に気を付ける

“Of”は通常「何かよくないことに対して起こらないように気を付ける」という意味で使われます。

 

例)My secretary is so careful of making errors that no one has so far found an error in her work.

私の秘書はミスしないようにとても気を付けているので、今のところ彼女のミスを見つけた人は一人もいない。

 

 

◆be careful with/ in ~:~に気をつける

“With” も “in” も、人が何か行う際に気を付けて行うものを表します。

 

例)My secretary is so careful with/in her work that no one has so far found an error in her work.

私の秘書はとても慎重に仕事をするので、今のところ彼女のミスを見つけた人は一人もいない。