英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人生】過去は過去に置いてくるもの

(Leaving the past in the past)

 

人生において、私たちはさまざまな決断をしますね。大きなものでも小さなものでも。そしてその決断には、何かしらの理由があるものです。

In our lives, we make hundreds of decisions, whether huge or trivial. There must be reasonable reasons.

 

例えば、恋人と別れを決断するのも、何かしらの理由があります。

仕事を辞める時も、好ましくない環境だから辞めるとか何か原因があります。

Examples are, when you dropped someone like a hot potato, it’s not for nothing, but there are probably valid reasons behind that. Or when we quit our jobs due to unfavorable circumstances at work.

 

私たちの行動は、すべて理由とか目的に駆られます。

For whatever we do, they are all driven by reasons or purposes.

 

「過去」はくよくよ考えるものじゃないと思っています。「過去」はそのまま記憶の中にとどめておくべきです。

It is important to remember that we are not supposed to dwell on the past. Past should be left where it should be, down in our memories.

 

後悔の念にかられて、過去を取り戻したいと思う時があれば、なぜそもそもその決断に至ったのか、その理由を思い出してください。

Whenever we are caught in a spiral of regret and wanting to bring back the past, it is important to think about the reasons why we came up with such decisions in the first place.

 

例えば恋人と別れることになった時、不愉快な関係が原因だったとか。例えば仕事を辞めることになったのは、その職場では成長を妨げるような嫌な経験をしたとか。これらの理由はそもそも、そう決めるきっかけとなるのに十分な理由なんですよ。

Reasons such as unhealthy and unhappy relationship, in case of breaking up with someone. Or, bad experiences that prevent you to grow professionally in your workplace. These reasons were strong enough that caused us to make such decisions in the first place.

 

「たら、れば」を考えていると成長もできないし、前にも進めないということに気づいてください。過去に決めたことが満足いかない結果になったとしても、その時の時間は決して無駄ではありません。

You should realize that your could’ve, would’ve and should’ve thoughts may disrupt your growth and moving forward. If the results of your past decisions do not satisfy your present expectations, don’t think of it as a waste of your precious time.

 

すべてが自身の学びや経験となります。その決断が賞賛される結果であっても失敗に終わったものでも、そのころからパワーアップするはずです。そのような経験こそが、これから物事をよりよく考えるようになるとか、正しい選択ができるようになるとか役立つんです。特に人生の岐路に立った時なんかにね。

Everything becomes a part of your learning experience. Each outcome of your decisions, whether praiseworthy or failure, will shape to be a better version of yourself. Such experiences will help you weigh things and choose the right path whenever you get caught in a crossroad.

 

自分の決断が、思わぬ悪い結果になったことを深く考えないでくださいね。

Don’t dwell on the bad results emanating from your decisions.

 

その時は、確かに過去の時点では正しい決断をしたのです。あなたに足りないものは、自分が下した判断に自信を持っていないことです。あの時は、その判断で良かったのです。自分の人生に“後悔”なんて招き入れなくていいのですから。

You definitely made the right decision based on your past circumstances. What you lack is a little faith in your own judgement. Believe and be confident in your decisions, and do not ever welcome regret in your life.

 

~単語~

・be driven:~に駆られる、~に駆り立てられる ※感情的な意味が含まれます

・be caught in a spiral of regret:後悔の念にかられる

— be caught in a spiral of regret:

※直訳はbe caught in (~にとらわれる)+a spiral of regret(後悔の連鎖)です。

この[a spiral of~]は、他にも例えば“a spiral of bad luck(不運の連鎖)”、“a spiral of misfortune(不幸の連鎖)”など他にも言い方があります。

・prevent something to~:・・が~するのを妨げる

※prevent something from verb-ing も使えます。

・could’ve, would’ve and should’ve:たられば

※~できたら、~したらを表す仮定法が元になっています。