英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人生】失敗と間違いだらけの過去。自分が成長するためには?

自分の人生を振り返った時、沢山大きなミスをしたし、間違ったなぁと気づいた。間違った決断もしたし、わがままで沢山の人を傷つけたこともあった。

When I looked back on how I lived my life, I came to know that I made many huge mistakes. Sometimes, I made wrong decisions and behaved selfishly, which hurt many people.

 

このようなことに気付いた時はいつも、頑張って成長しようと試みた。沢山自己啓発の本を読んだり、インターネットから学んだり、いつも考えた。考え続けた。

Whenever I contemplated on the things above, I tried so hard to grow. I did uncountable measures such as reading self-help books, researching online, and endless thinking.

 

でも、今なら分かる。これらはやらないよりはましだけど、「成長すること」は本やインターネットから得るものではない。成長するための最も効果的で正しい方法とは、「人と会う」ことだよ。人と会う時に、何か変わることが出来き、人と会う時に成長できるものだから。

These actions are definitely better than nothing at all. However, “Growth and maturity” don’t always come from books, research nor internet. The most effective way to grow is to meet people. This triggers changes within us, and eventually growth.

 

十人十色。100人いれば100通りの性格、生活、考えがある。もちろん自分とまったく違うタイプの人から学ぶことはあるけど、最適な方法は、自分と似た感覚、似た目的を持っていて、さらに自分より先に進んでいる人と会うこと。それはこのような人から「刺激」を受けたり「モチベーション」があがったり、そして前進するためにリードしてくれるから。

“Different strokes for different folks”. 100 people have 100 types of characters, lives or thoughts. We can somehow learn things from people who are totally different from us. But for me, the optimum way to grow is to meet people who are similar to us in many aspects and those who already have gone forward from us. They will stimulate our thoughts, motivate us, and lead us to further growth.

 

もちろん、本やYoutubeも大事なことに気付かせてくれるけど、これは単に学ぶだけだよ。それに対して、「人と会う」ことで人は成長できるもの。

Of course, books and Youtube can help us to be aware of important things, but this is just a kind of learning. “Meeting people” will help us to grow.

 

もう一つ、「考え続けること」が最も悪いことで、成長を妨げるからね。「考え続ける」と落ち込んでしまい、結局自分の殻に閉じこもってしまう。だから、「ちゃんと生き、しっかり働き、自分がやりたいことを行動に移すこと」を常にやらなければいけないよ。

One more thing, “keep thinking” is the worst thing and disrupts growth. “Keep thinking” makes us depressed and end up in staying in our shell. So, living well, working well, and taking action for what we want to do should always be carried out.

 

~単語~

・come to know:知るようになる

(come to ~:~になる+know:知る=知るようになる)

・contemplate【kɑ́ntəmplèit】動詞:熟考する、考える

— contemplateの例文–

例文:

1. He contemplated (on) whether to quit the job or not, then he decided to continue.

(彼は仕事を辞めようかどうか考えた後、続けることに決めた)

 

2. I had even contemplated (on) my future.

(私はかつて自分の将来のことを熟考したことがあった。)

 

・self-help books:自己啓発の本

・trigger【trígɚ】名詞:きっかけ、引き金/ 動詞:~のきっかけとなる、引き金を引く

~解説:trigger~

“This triggers changes within us, and eventually growth.”

ここでは名詞ではなく動詞を使っています。

 

This:人と会うこと

triggers(動詞):~のきっかけとなる

changes within us:わたしたちの中の変化

eventually growth:結果的には成長

これを繋げると、「人と会うことは、私たちが変わるきっかけ、結果的には成長するきっかけとなる」となります。

・different strokes for different folks:十人十色

・optimum way :最善の方法

・go forward: 前に進む

・keep thinking:考え続ける

※これは別の言い方で「being stuck at thinking」とも言えます。

 

~単語のポイント:何人か(複数形):some people~

先生からのアドバイスは、“some people”より“people”の方が直接的なので良いそうです。

some peopleもpeopleも同じ意味です。

“some”と一言で言うのもOKです。

 

“some”を省いて単に“people”という方が直接的でいいですね。意味は同じですし。

 

ついでに、単数形は何かというと、”somebody”, ”someone”ですね!

例)I know somebody/someone who has succeeded in the Internet business.

(インターネットビジネスで成功した人を知ってるよ)

~単語:endless+名詞~

このエッセイでは、「ずっと考える」という意味で「endless thinking」と書きました。

その他、いろいろendless+名詞は使えます。

 

例文:

1. I’m fed up with her endless self-introduction. She always keeps saying something like “I like…”, “I went…”, “I ate…”, and “I hate…”etc.

(私は彼女の永遠に続く自己アピールにうんざり。いつも「私が好きなのは・・」「私が行ったところは・・・」

「私が食べたのは・・・」「私が嫌いなのは・・・」など言い続けるのよ。

 

2. As she showed endless self-denial, I encouraged her.

(彼女がずっと自己否定していたので、励ました。)

 

3. I can’t listen to her endless grumbling anymore, so I decided to keep a distance from her.

(もうこれ以上彼女の永遠に続く愚痴は聞けないから、距離を置くことにしたよ。)