英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【仕事】頑張ってるのに、ミスばかり。なぜ?– 仕事で心が折れた時

Title: I’m doing well, but why? - when my will was broken at my work

 

私は不器用で、これといった取り柄もない。でも唯一自分を褒められるのが「一生懸命がんばれること」。

I’m a bit clumsy and have no strengths at all. But one thing I can be proud of myself is, “I’m good at making a huge effort.”

 

社会人になってから、正しいか間違っているかはいったん置いといて、とにかく自分の仕事を頑張ってきた。休みの日も仕事して、お客様のため、会社のためと考えてきた。

Since I began to work, let me leave things whether these were right or wrong aside for now, I have been working really hard. Even in holidays, sometimes I worked for my customers or for our company.

 

でも頑張れば頑張るほど、人間関係に悩むし、仕事もミスするし。判断も間違うし。

降れば土砂降りか・・・重なると心が深く傷ついた。そしてついに意志が崩壊した。。。

But the harder I worked, the more I faced relationship problems, made work-related mistakes and chose wrongly. I felt like, “when it rains, it pours “. As a result, my will was broken strongly.

 

なぜ?こんなに頑張ってきたのに、大きな問題やトラブルが私にふりかかるの?

I asked why such things happened to me. Considering that I worked very hard, how come big problems came in threes?

 

なぜ仕事は不真面目で働いて無さそうな人が楽をして、沢山仕事している私ばかり、辛いことが重なるの?と・・・耐えられなくなった。

Why do those people who don’t seem to work hard seem to always take the easy way out? On the other hand, I, who have much work to do and work hard, always face overwhelming difficulties. I couldn’t stand it anymore.

 

自暴自棄になって知人に弱音をはいた。

So, I got desperate and showed the white feather to my friend.

 

彼は、こういった。「それは誰よりも仕事してるから、誰よりもミスする確率は高くなるし、トラブルを起こす確率も高くなるんだよ。楽してる人は、君ほど苦労しないよ、だって仕事してないじゃん」って。

He said, “Because you work more than anyone else, you’re more likely to make mistakes or face obstacles. Lazy people most likely will not face any problems because they don’t work at all. Right?”

 

私は正直、この言葉に救われた。

Honestly, what he said actually meant a lot to me. It saved me.

 

私の心の傷は、沢山仕事をしてきた、努力してきた勲章のようなものだと気づいた。

Then I came to realize that how much my will was broken represents a badge of honor to show how much I worked and made a lot of efforts.

 

そして、自分に言う。「ミスした、問題発生した、いいじゃないか。それは仕方がない。時には自分でコントロールできないことも起こるし。だからそこから学べば、ミスや問題を将来に活かせるじゃないか」

Now, I say to myself, “Mistakes? Problems? Okay, that’s fine. It already happened, and there’s no point of crying over spilled milk. Sometimes it was out of my control so it couldn’t be helped. What’s best to do is make the most out of each failure by learning from it and using it for future challenges.

 

・・・(そして長い年月が経って)

もう一度振り返って、気づいたことがある。長年経って、私の中で変化したこともあった。

After a long time, one day, I happened to contemplate about myself and how I did in the past. Some things in me might have changed over a long time.

 

今のわたしはこう思える。努力を注ぐことが最善とは限らない。どれだけ頑張っても、成功に手が届かない時もある。

Now that I think about it, exerting so much effort is not always the best thing to do. There are times when regardless of how much effort we put into something, success will always be far from our reach.

 

頑張ることで、ついつい自意識過剰になったり、 固定概念が強くなることだってある。

そこから創造力が損なわれることだって・・・ある。

Putting all our efforts sometimes makes us become too self-conscious and limits us from thinking out of the box.

It limits our creativity.

 

ふと、過去の自分に言いたくなった。「無理してたんじゃない?」。

Then, I want to say to the past me, “Did you overwork yourself?”

 

一生懸命だった自分は褒めたいが、自分の意見や考えに頑固すぎたかもしれない。いろいろな創造性や可能性を殻に閉じ込めてた。

そう思った時、「あ、今の私は成長したな。」とも、気づけた。

Of course, I’m proud of the past me, who gave 100%. But I might have been too stuck in my opinions which put my creative thoughts and potentials in a box.
Oh, I just realized how much I have grown compared to the younger version of myself.

 

~単語~

◆clumsy【klˈʌmzi】形容詞:不器用な 

※awkward 【ˈɔːkwɚd】形容詞:不器用な、ぎこちない と似ていますね。

awkward は、会話等での対話の不器用さに対して、 clumsy は、身体的な動きの不器用さと言えるでしょう(例えば携帯をすぐに落とすとか、2つやろうとすると1つ忘れるとか)

◆ 「~はいったん置いといて」の表現:

・put something aside for now

・leave something for a while

 

例)不運だったことはいったん置いといて、勉強に集中しなければ。

・ I should put my bad luck aside for now and concentrate on my study.

・ I have to leave my bad luck for a while and concentrate on my study.

◆take the easy way out:楽をする ※「楽な道を選らぶ」とも言うようです

◆ “show the white feather”(弱音を吐く)

白い羽をもった雄鶏は弱いと言われ、闘鶏に向いていなかったようです。

それで、「白い羽を見せる(=show the white feather)」は臆病者を意味するようです。

(A dictionary said that roosters with white feather were regarded as weak, and were not suitable for cockfighting. So, “show the white feather” means to act like or appear to be a coward.)

-show the white feather-

もう少し詳しく説明していますので、よかったら是非ご覧ください↓↓↓

🌸“show the white feather”(弱音を吐く):弱音を吐いたっていいじゃないか! | English & Chinese Lab (english-chinese-lab.com)


———————————————————————————————————

~いろいろな表現:泣き面に蜂など「嫌なことが重なる」言い方:

when it rains, it pours~

 

1.     It never rains but it pours.=It never rains, but it pours.

(直訳:雨は降らないものだが、いったん降るとどしゃぶり。)

日本の諺としては、「降ればどしゃぶり」の英文としてよく使われる表現です。

 

2.     Misfortunes never come singly.

(直訳:不運は単独では来ない ※不運は重なる)


◇少し意味は異なりますが、「不運」というキーワードで思いつく表現をご紹介します。

Between a rock and a hard place.

直訳:岩と固いところの間

意味:選ばないといけない困難な選択が2つあり、挟まれていること。板挟み。

(It means having two difficult options that you have to choose from.)

 

Get up on the wrong side of the bed.

直訳:ベッドの逆側(※左側を指します)から起きる

意味:(朝起きる時に)左側から起きると縁起が悪いと言われていた迷信から由来し、

朝から機嫌が悪い、寝起きが悪いとして使われます。

 (It means to be on a bad mood.)

 

Bad luck comes in threes.

直訳:悪いことが起こると3回連続する。

意味:よくないことが連続して起こる、重なるということの比喩。

(It means misfortune happens three times.)

 

これらの表現は、予想外や普通起こらないこと、ダブルパンチ(不運が重なること)を表します。

これらはたいてい不運です。

(These expressions above show unexpected or unusual things occur, which are double whammy, and these are normally regarded as bad luck.)

◆日本人が訳しやすい(かもしれない)英文:

1. 「私は不器用で、これといった取り柄もない。」と言いたい時、

最初私は、“I’m a bit clumsy, and I don’t have any strengths.”と書きました。

これは、英会話の先生もいわく、正しい英語です。

 

でも、日本人って、(あくまでも私の経験上ですが)、

・英語を長~く書いてしまう

・「I(私は)」「I(私は)」と、使いすぎてしまう

こういう傾向があると思っています。

 

ネイティブはもっと「簡単に」表現します。

よって、簡単に書くと、“I’m a bit clumsy and have no strengths at all.“となります。

 

2. 「仕事が沢山ある」と言いたい時、「I have many works.」と言ってしまいませんか?

ややこしいのですが、「work(名詞:仕事)」は、不可算名詞です。

 

よって、“many works”は間違いで、正しくは、“much work”です。

 

◆contemplate【kɑ́ntəmplèit】自動詞・他動詞:熟考する

◆ exert +effort:努力を行使するなど

※”effort”以外に、”power”,”skill”なども使えます。

◆there are times when:~する時がある、~する場合がある

◆self-conscious:自意識過剰

◆think out of the box:創意工夫する、既存の考えに囚われずに考える等