英語

ホーム>英語>単 語
単 語

【単語】~に続く(follow)の使い方

英語を勉強していると、文法についていろいろ知りたくなります。

「なぜこの動詞の後ろに with が必要なの?」とか「この動詞には目的語は何がつくの?」とか。

(When I study English, I often like to know about grammar, something like “Why this verb is followed by a preposition with? ”, or “What kind of object follows this verb?”)

 

そんな時、「この単語に続く」とか「~に続く」と言いたい時、迷ったことがあるので、復習してみました。

  (Then, I would like to review the word “follow”.)

 

「~に続く」は、

A is followed by B:AのあとにBが続く

B follows A   :BはAのあとに続く

 

簡単な例は、1週間ですね。

月曜日、火曜日、水曜日・・・の順に並んでいるので分かりやすいです。

  (An easy example may be a week. Monday, Tuesday, Wednesday…based on this order, 7 days line up. )

 

例文:

1.   Monday is followed by Tuesday.

(月曜日の次に火曜日が続きます。)

 

2.  Tuesday follows Monday.

(火曜日は、月曜日の次です。)

~ポイント:A is followed by Bはどっちが先?~

 

とは言え、A is followed by B をパット見て、Aが先なの?Bが先なの?って

混乱する時ってあると思います。

 

そういう時は、is followed by”の意味は、「→(右から左に向かう)矢印」だと思ってください。

 

Monday is followed by Tuesday.

これは常識から意味が分かるので、月曜日のあとに火曜日が続くとすぐにわかるのですが

 

Coffee is followed by the meal.
コーヒーが先なの?食事が先なの?って混乱する場合、

「→」を思い出してください。

 

Coffee→the meal つまり、コーヒーが先で、コーヒーの後に食事が出される、という意味です。

 

 

これを踏まえて、せっかくなので文法についての例文を書いてみます。

(Following the previous quarter’s results, since I’m talking about grammar,  here are some examples about grammar.)

 

1.     A transitive verb is a verb which is always followed by an object.

(動詞の他動詞とは、必ず目的語を必要とする動詞です。)

 

2.     An object never follows an intransitive verb.

(動詞の自動詞には、目的語は続きません。)

 

 ~日本人が間違えやすいポイント:never+動詞の原型?~

An object never follows an intransitive verb.

(動詞の自動詞には、目的語は続きません。)

 

この例文のような”never”とか使う時、

ふと、「あれ?動詞は原型だったっけ?」なんて迷ったこと、ありませんか?

 

それは、“can”、”may”、”must”、”should”など助動詞が動詞の原形を使うので、

“never”もその仲間に見えてしまうことも・・・

 

“never”は、頻度を表す副詞です

副詞の仲間には、”always”、”usually”、”often”、”sometimes”、”seldom”等があります。

だから、“never(副詞)”に続く動詞は、原型にするというルールはないので、

主語が三人称単数(It, He, Sheなど) の場合、動詞には三単現のsが必要になります。

 

「品詞」がポイントですね。