英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人間関係】悪魔のささやき(Devil’s advocate)-自分との闘い編ー

※以前投稿した「【人間関係】悪魔のささやき(devil’s advocate)-他人の言葉編ー」の続きです。

↓こちらもご覧いただけると幸いです。

🌸【人間関係】悪魔のささやき(devil’s advocate)-他人の言葉編ー | English & Chinese Lab (english-chinese-lab.com)

——————————————————

Devil’s advocate is like a double-edged sword that has both its positives and negatives. To define it simply, a devil’s advocate is a person or idea to provoke debate or test the opposing side’s argument. Within ourselves, it can also be a whisper we give to ourselves for a reward after doing what we have to do. It is something to convince ourselves to make some decisions.

「悪魔のささやき」って、諸刃の剣のようなもので、実は良い効果と悪い効果の両方があります。一言で言うと、別の見方で議論してみるということです。ですから、何かやるべきことがあって、その「ご褒美」として自分が自分に囁くこともあります。何かを決めるため自分を納得させるようなものでしょうか。

 

Example:

例えば、

 

1. Before studying, just a quick nap would be fine. Here, we are trying to convince ourselves that instead of continuously studying, a quick nap will be beneficial.

「勉強する前に、少しだけ寝ようっと」という時、眠いのを我慢して勉強を続けるより、少しだけ寝る方が有益だと自分に言い聞かせるとか、

 

2. It’s very expensive, but next month I’ll save money so I’ll buy it now. Here, the argument is we cannot afford it, but you whisper to yourself to go ahead and buy it since you can save money the next month anyway.

「すごく高いけど、来月貯金するから今買っちゃおうかな」という時、買うか買わないか自分自身と議論するとかです。

 

Everything associated with devil’s advocate is conducted before the action is done. That’s why, generally we tend to fail. We make up some things and convince ourselves that it is a sensible decision. It’s a conditional situation. You whisper to yourself that it is okay, provided that the conditions are met. But in reality, the conditions are not always met.

このように自分が自分に囁くことって、だいたい何かする前の誘惑なんですよね。ですから、だいたい失敗します。もちろん、自分にとって「賢明な決断だった」と納得させるための考えなんですけど。それに条件がついた状況です。条件が整ったら大丈夫という囁きです。しかし実際は、そう簡単に条件は整わないです。

 

In the examples above, you convince yourself that it’s going to be a quick nap, you end up sleeping a long time and forgo studying. And in the case of purchasing an expensive item, when the next month comes, you decide to buy other things, hence, not saving enough money to compensate the previous month’s expensive purchase. That’s why our decisions lead to failure.

先ほどの例を考えてみますと、(勉強したくても眠いという時は)、ほんの少しだけ寝てみようって思っても、そのまま寝てしまって結局勉強を止めてしまうとか。また、高いものを買うか買わないか迷っている時、ついつい自分に負けて財布のひもを今緩めてしまっても、結局、翌月には先月出費した分の埋め合わせ(=支払い)が来たりして貯金ができなくなったりね。こうして、悪魔のささやきが影響した決断って、だいたい失敗に終わります。

 

One way to overcome the “devil’s advocate”, which is whispered by ourselves, is simply to give ourselves a reward after doing what we have to do.

ですから、その自分自身に向く「悪魔のささやき」に打ち勝つためには、「ご褒美(ゆっくり寝るとか、高い買い物をするとか、もっと言うとダイエット中に食べたくなる物とか)」は、やるべきことをやった「後」に与えるようにすることですね。

 

~単語~

・a double-edged sword:諸刃の剣

・provoke【prəvóʊk】他動詞:刺激して~させる、引き起こす

・make up:考え出す、思いつくなど

・a sensible decision:賢明な決断

・conditional 【kəndíʃ(ə)nəl】形容詞:条件付きの

・provided that:~という条件で

※providing/ provided (that)は、「という条件で」や「ある場合に限って」という意味で使われます。「if」に似たイメージです。

・forgo【fɔɚgóʊ】他動詞:やめる、慎む、都合が悪くなって断念するなど