英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸【人間関係】自分が苦手な人は、たいてい他の人からも好かれていない?

たいてい、みんな人に対する感情を持っているものだ。愛するとか、好きとか、嫌いとか、苦手とか。

Generally speaking, everyone has different emotions towards others, such as love, like, hate, dislike, etc.

 

私は一生懸命働き、優しくて常に成長しようとしている人が好きで、ダラダラ怠け、ケチで自己中心的な人は好きではない。

Personally, I like people who are hardworking, kind and yearning for growth. On the other hand, I don’t like lazy, mean and self-centered people.

 

経験上、私が好きだと思う人が必ずしも皆から好かれるというわけではない。つまり、私たちが好きな人が誰からも好かれる・・・というわけではない。

Based on my experience, people whom I like are not always liked by others. In general, people whom we like are not always liked by everyone.

 

でも、私が好きではない人、もっと言うと嫌いな人は他の人からもたいてい嫌われている。つまり、他の人が嫌っている人は、通常私も嫌っているものだ。

However, people whom I don’t like, more so hate are also disliked by others. Meaning, people whom others don’t like are normally disliked by me as well.

 

どの人からも嫌われる人は、たいてい態度や行いが悪い。もちろん私もそういう人は苦手になる。

People who are disliked by most people usually have bad attitudes or behavior, so there is a tendency for me to dislike them too.

 

実はこういう経験がある。多くの人から好かれていない人がいたが、最初私は、他の人が理解していない彼女の部分を私だけが理解していると思っていた。だから単に誤解されているだけだと。しかし私が間違っていた。そのうち彼女の態度や行いに違和感を感じ、ドン引きするほどだった。おそらく私は節穴だった。今は、他の人と同じように彼女に対して感じることはあるが・・・

I had an experience of liking someone disliked by so many people. At first, I thought I understood her in a way the no one else could. So I considered that she was just misunderstood. But I was actually wrong. Eventually, I came to a realization that there was something off about her attitude and behavior, bad enough that makes people cringe. At some point I was just blinded by the idea that she was just misunderstood, and now that my eyes are open, I started to get annoyed with her too.

 

とはいえ、人に対してネガティブな感情は減らしたいもの。そして実際減らすことができる!それは、「嫌だな」と思う感情の期限を決めること。永遠に耐える・・・ということはしないほうがいい。その期限は自分自身で勝手に決めていい。

There is one way for us to reduce negative emotions brought upon these types of people. This is, to set up to what extent you will endure such emotion. The point is, don’t make yourself endure such trouble forever, you should be able to determine until when you will be willing to.

 

例えば、クラスで苦手な人がいたら、「卒業するまでの我慢だ」と思えばいい。例えば、嫌でたまらない上司のもとで働いているなら、「転職する」「異動する」を目標にすればいい。

For example, if you have some classmates whom you hate, just tell yourself to endure it until you graduate from school. Or when you work for a loathsome boss, think about enduring it until you change your job or get transferred to a different division.

 

このように「辛いことは、いつか終わる」と考えれば、いくらか心が軽くなったり、辛い時期を耐えるのに十分強くなれたり、できると思っている。

The thought of all the trouble to go away soon, may give you somehow a feeling of relief, strong enough to help yourself endure all the trouble, for the meantime.

 

以前聞いた言葉が、「人は、終わりがあると拷問だって耐えられるものだ。暗いトンネルにも必ず光は射す」と。そもそも他人は簡単に変えられないし、運命もコントロールできない。その代わり、精神的に強くなるということはできる。それと倒れても立ち上がれる。

Someone once said, humans can endure any torture as long as you know that there is an end to all of that and there’s always a light at the end of the tunnel. We can’t change people easily nor control our fate, but what we can do, is to equip our mind to be strong and resilient. 

 

~単語~

・yearn(for)【jɜrn】動詞:切望する

・mean【míːn】形容詞:ケチな

・(even) more so:なおさら~

・there is something off about~: 何か怪しい、胡散臭い、変だなど

・cringe【kríndʒ】自動詞:ドン引きする=it turns someone off

— cringeの使い方–

例文: 彼の振る舞いにドン引きした

I was put off by his behavior.

= His behavior made me cringe.

=I cringed due to his bad behavior.

 (※ポイントは、自動詞で「ドン引きする」という意味なので、 ‘was cringed’ではありません)

・at some point:未来のいつか、過去のある時点 

・to what extent:どの程度、どこまで

・loathsome【lóuðsəm】形容詞:ひどく不快な、忌々しいなど

※disgusting, hatefulなどに似ています

・for the meantime:さしあたって、当面は

・equip our mind to=~するために準備する、装備する

・resilient【rizíliənt】形容詞: 倒れても回復する、いい方向にもっていくという意味

— resilientについて–

※動詞 bounce backに意味が近いです。

苦境でも精神的に強く、たくましくあり、倒れてもすぐに立ち上がることを意味します。

ゴムを想像するとイメージが湧きやすいです。弾力性があり、折り曲げてもすぐに元の形に戻る感じです。

 

~文法のポイント:品詞をそろえる~

「私は一生懸命働き、優しくて常に成長しようとしている人が好き」の英語を

最初私は

“I like people who work very hard, are kind and always try to grow.”と書きました。

 

英会話の先生いわく、もちろん間違ってはないし正しい文章だけど・・・と。

下記がもっと自然な英語です。

“I like people who are hardworking, kind and yearning for growth.”

ポイント①品詞をそろえると綺麗

hardworking【形容詞】と kind【形容詞】 の品詞がそろってシンプルな表現になります。

 

ポイント②シンプルに書く(長文より短文)

「always try to grow(常に成長しようとする)」よりも「yearn for growth(成長を切望する)」

の方がシンプルです。さらに伝わりやすいかもしれませんね。