英語

ホーム>英語>エッセイ
エッセイ

🌸“show the white feather”(弱音を吐く):弱音を吐いたっていいじゃないか!

“show the white feather”は「弱音を吐く」「怖気づく」という意味です。

なぜ”white feather(白い羽)”という言葉が使われるのでしょうか?

 

まずはこの単語をご紹介します。その後、エッセイをお楽しみいただけると幸いです。

 

“a white flag”(白い旗)と言えば、降参したり諦めることを意味しますね。

だから私は最初この白い旗の由来かと思ったのですが・・・

(Why is the word “white feather” used?  “A white flag” means surrendering or giving up. So, at first I thought that this came from this “a white flag”….)

 

でも辞書によると白い羽をもった雄鶏は弱いと言われ、闘鶏に向いていなかったようです。それで、「白い羽を見せる(=show the white feather)」は臆病者を意味するようです。

(But a dictionary said that roosters with white feathers were regarded as weak, and were not suitable for cockfighting. So, “show the white feather” means to act like or appear to be a coward.)

 

🌸エッセイ: 弱音を吐いたって、いいじゃないか!

「Showing the white feather」は、泣き言を言うとか、怯えた振る舞いを意味します。これに少し似た言葉で、日本語で「白旗を挙げる」という諺があります。何かを諦めると言う意味で、もともとは降参するという意味です。

Showing the white feather means whining or behaving in a cowardly manner. In relation to this, in Japanese, there is another proverb somehow related to this which says, “to show the white flag” or “to raise the white flag”, which means, to give up something or to surrender.

 

もう一つ別の諺で、私が好きなものがあります。「捲土重来(けんどちょうらい・けんどじゅうらい)」です。一度戦いに敗れても、もう一度勢力を盛り返すという意味です。

I also like another proverb, “strike back with regaining lost grounds“, which means that after being defeated in a battle, one has regained his strength and fights back.

 

これは、後れを取っても何かトラブっても、その後成功するという意味に似ています。私たちの人生ってこれじゃないかなと思います。

This is quite similar to “recover lost ground“, which means to become successful after delays or problems. This very much applies to our lives.

 

例えば試験に落ちた、お客様を失った、ビジネスを失ったなど・・・さまざまな「残念なこと」を経験します。このような時、後悔したり、否定的なことを言ったりしませんか。

We sometimes experience drawbacks like fail exams, lose customers or business. In such cases, we sometimes tend to feel regretful and speak negatively, but we still have another chance.

 

でも、まだほかにもチャンスがあるはずなんです。少なくとも諦めずその道を歩き続けると、失ったものを取り戻せることだってあり得ます。ですから私もあきらめずに再チャレンジしますよ。

So as long as we remain on our tracks and move continue to move forward, we will eventually regain the things we’ve lost. And so will I.

 

多くの人は、「弱音を吐く人」を「負け犬」のように思うでしょう。もちろん、そうだと思います。でも、私たちだって時には少しぐらい愚痴ったりしませんか。

Many people associate “showing the white feather” with losing. Well, it may be true sometimes, and we tend to make feeble complaints.

 

問題が大きければ大きいほど、意志も崩れやすいものです。でも、たとえ数えきれないぐらい失敗しても、そこで踏ん張って、目的を達成するまで挑戦し続けると、その“泣き言”を言うことなんて、たいしたことじゃない。

The more difficulties we go through, the easier it is for our wills to get broken. But as long as we stand our grounds and keep trying until we accomplish our goals despite countless failures, whining will just be whining.

 

否定的な感情って、どれほど強力で頻繁に出てきても、諦めていない限りは、まだあなたはその闘いに負けたわけじゃない。

These negative emotions, no matter how strong and frequent they are, still doesn’t mean that you’ve lost the battle.

 

このような否定的な感情も、実際翻訳すると「現実は本当にひどくて辛い・・・でも、諦めたくないよ。ただ、どうしたらいいのか分からないだけなんだ」と言いたいだけかもしれません。

These negative emotions can be translated into, “I’m facing a dreadful reality, but I don’t want to give up. I just don’t know what to do now.”

 

弱音を吐く人の中には、必死で逆境から這い上がろうとしている人もいます。うまくいかない状況を好転させたいんです。

Those who whine might just desperately want to turn things around for them. They want to change the negative situation into positive ones.

 

ですから、私は、何もしない人や早々に諦める人より、ちょっとぐらいグチグチ言いながらでもやろうとしているほうがましだと思います。

I believe whining for a while is better than doing nothing or plainly giving up.

 

結局、泣き言を言おうが、一時的に白旗を挙げようが、困難な状況でどのようにもがいても、前に進み続けることが一番ではないでしょうか。

The bottom line is, regardless of how you react to the difficult situation, whether it is showing the white feather or temporarily raising the white flag, to try to keep moving forward is a must.

 

~単語~

□ whine【hwáɪn】自動詞:泣き言を言う、愚痴をこぼす、不満を言うなど

□ in a cowardly manner: 臆病な行動で

このcowardlyは、形容詞です。

一見、副詞だから間違いかな?なんて思ったのですが、形容詞・副詞ともにcowardlyです。

ちなみに、名詞の臆病者は”corward”

「動詞-ly=副詞」、「名詞-ly=形容詞」はポイントですね。

□ regain lost ground:(問題・遅延などが生じた後)巻き返しを図る、再び勢いを取り戻す

※regain以外に、recoverも使えます。

□ drawback【dɹɔːˌbæk】可算名詞:欠点、不利益、うまくいかないことなど

――――――――――――――――――――――――――――

※drawbackの他に、類語がいろいろありますが、ご参考までに、

fault, defect, shortcoming, weaknessをご紹介しますね。いずれも可算名詞です。

基本的に、

・人の性格に対する欠点、

・機械などの故障、

・物や物事の欠点、

・計画などで上手くいかないこと

などに使われます。

 

でも、単語によっては上記にあてはまらないものもありますので、表にまとめました。

「ー」部分が、あてはまらない、つまりその意味では使われないようです。

人に対して 機械などの欠陥や故障 物や物事の欠点、弱点 計画など上手くいかないこと、弱点
fault(s) 性格上の欠点、弱点 ● ● ●
defect(s) 体の障害 ● ● ●
drawback(s) ― ― ● ●
shortcoming(s) 性格上の欠点、弱点 ― ● ●
weakness(s) 性格上の欠点、弱点 ● ● ●

例文もご紹介しますね。

 

◆fault 

【人の性格】She doesn’t know what her partner’s faults are.

(彼女は、恋人の欠点をまだ知らない)

 

【機械の故障】This food processor has a fault in its sensor. The sensor doesn’t work now.

(このミキサーのセンサーが故障していて、反応しない)

※faultは名詞なので直訳は「故障がある」ですが、自然な訳にするため、故障していると書きました。

 

【物の欠点】The fault in this painting is there are too many colors in it.

(この絵の欠点は、色がありすぎることです)

 

【計画など】The fault in the plan was that some risks were not accounted for.

(この計画の欠点は、リスクが考慮されていなかったことです)

 

◆defect

【人の障害】After the car accident, he developed a defect in his legs and became disabled, so now he is a wheelchair user.

(車の事故で彼は足に障害を患い、障碍者となってしまい、今は車いすを使っています)

 

【機械の故障】The defect in the gadget was the reason I asked for a refund from the seller.

(ガジェットの故障が原因で、販売者に返金を求めた)

 

【物の欠点】The company’s case was sent to prosecutors out of tremendous defects in their products.

(その会社は商品に非常に多くの欠陥があったため、書類送検された)

 

【計画など】The defects of our program is that it won’t succeed without enough budget.

(私たちの計画の弱点/上手くいかないことは、おそらく十分な予算がないことで成功しないことだろう)

 

◆drawback

【人の性格】×

【機械の故障】×

【物の欠点】The cosmetic is way too expensive, but it doesn’t have any drawbacks at all. 

(この化粧品はあまりにも高すぎるけど、一つも欠点がない)

The drawback of this condominium is, it’s way too far from the nearest station. 

(このマンションの欠点は、最寄駅から遠すぎることですね)

 

【計画など】The construction work has been stopped because some construction plans were found to have drawbacks.

(建設計画に欠点が見つかったため、その建設工事は中止されている)

 

◆shortcoming

【人の性格】His only one shortcoming is that he is full of himself! 

(彼の唯一の欠点と言えば、偉そうで上から目線のところです)

 

【機械の故障】×

【物の欠点】The drama’s shortcoming is its poor choice of the actor to play the main character.  If the main character is not her, the drama would have become more famous.

(このドラマの欠点は、主役の選定です。もし主役が彼女でなければ、もっと視聴率があったでしょう)

 

【計画など】The customer visit plan has a shortcoming. The train transfer plan is wrong, so the plan can’t go smoothly. 

(この顧客訪問計画には一つ欠点があります。電車の乗り換えが悪いのでスムーズにいけません)

 

◆weakness

【人の性格】My weakness is, being too shy to speak in front of many people.

(私の性格の欠点は、多くの人で話せないほど恥ずかしがりやなところです)

 

【機械の故障】The weakness of the device is it cannot function without the internet.

(その装置の欠点は、インターネット接続なしでは機能しないことです)

 

【物の欠点】I’m writing about the weakness of this movie.

(私はこの映画の欠点について書いているところです)

 

【計画など】The weakness of this plan is that it doesn’t have a back-up.

(この計画の弱点は、バックアップスケジュールがないことです)